機上の九龍

kowloon on aeroplane

@Meeple 190127

やったゲームは

f:id:GRGR_BG:20190128154845j:plain

  1. 『センチュリー:スパイスロード / Century: Spice Road』
  2. 『すずめ雀 / Suzume-Jong』
  3. 『バスルートをつくろう 京都市交通局 市バス90周年記念版 / Let's Make a Bus Route; Kyoto City Bus 90th Anniversary Edition』
  4. 『クラッシュアイスゲーム / Crash Ice Game』
  5. ボツワナ / Botswana』
  6. 『老師敬服 / Master of Respect』
  7. 『レース・フォー・ザ・ギャラクシー: 嵐の予兆 / Race for the Galaxy: The Gathering Storm』
  8. 『カスタムヒーロー / Custom Hero』New!

この日は13:30頃にミープル着いたんだけど、14:00頃まで客が来ず。珍しい事もあるもんだ。

誰もいないのでイエサブ行ったり、最近ちょくちょく行ってる『ケーキ工房ケテル / Ketel』行ったり。ネット情報によると、昔銀座にあった銀座のお店が畳まれたときにその店のレシピを貰い受けたとかなんかで。どっちかと言うとイノダコーヒーで出してるケーキを作ってて、そのテイクアウト専門店と言った方が良さそう。

チーズケーキとかショートケーキとかはそーでもないかなぁ感はあるけど、ザッハトルテがヤバくてですね。タルトタタンもあるんで今度食べてみたい。

 

で、帰ってきたらキョウカさんが友達1人連れてきてて、1ゲーム終わった後に混ぜてもらう。

 

『センチュリー:スパイスロード / Century: Spice Road』

2-5 players, BGG best 3-4 players.

キョウカさん所見のお客さん(チアキさん)。

ボドゲ自体はやるの今日が初めてって話だったけど、キョウカさんの友達ならたぶん頭いいんだろうと若干ハードル高めなコレと、『クイビット / Quibbit!』『すずめ雀』の3つ出したらコレが選ばれる。

f:id:GRGR_BG:20190128154903j:plain

赤への変換が無かったものの、赤2生産とったんでコレで何とかなるじゃろとひたすら回す。後で茶1生産も取ったっけか。

f:id:GRGR_BG:20190128154958j:plain

高得点カードをバンバン取ったものの、途中で調子乗りすぎて茶8緑2黄2にしてしまうボーンヘッド。その後赤2取って茶2捨ててから左の19点を取るというね(苦笑)

f:id:GRGR_BG:20190128155332j:plain

キョウカさんが85点くらいで2位。さすがに4枚じゃぁ6枚には勝てんわな。

 

『すずめ雀 / Suzume-Jong』

2-5 players.

同面子。途中からモリモさん参加。

f:id:GRGR_BG:20190128155317j:plain

この日はやたらと中でのロンが多発。一番酷かったのはモリモさん親でキョウカさんが人和アがった時(苦笑) まぁこのゲーム人和ないけど。

 

『バスルートをつくろう 京都市交通局 市バス90周年記念版 / Let's Make a Bus Route; Kyoto City Bus 90th Anniversary Edition』

2-5 players.

同面子。

モリモさんがやってなさそうなのをいくつか出したらこれが選ばれる。

f:id:GRGR_BG:20190128155615j:plain

今回ルートの引きが悪く、一度北上して西に向かい、南下からの東へルート取ったらモリモさんとルートが被りまくり。ボーナス一しか取れなかった上にピックアップも不調で3位。

やっぱこのゲーム面白いなぁ。

カードボーナス10点だけど、他のボーナスも1番なら10点あるから、今度はカードが微妙ならガン無視の作戦取るのもアリか。

 

『クラッシュアイスゲーム / Crash Ice Game』

2-4 players.

同面子。

f:id:GRGR_BG:20190128160208j:plain

広げてみたら既にセットされていたんだけど、外周白/内周青で固められててどういうセットの仕方しとんねんと(苦笑)

速攻で青の選択肢が削られ、俺が青2出してあえなく死亡。やっぱ適当に配置するのがセオリーよ。さすがにそれで終わるのもアレだったんでもう一回。

 

ボツワナ / Botswana』

3-5 players, BGG best 4 players.

同面子。画像なし。

シンプルなゲームだから初プレイでも問題なくやれるなコレ。

やってて改めて思ったけど、ほんとクニツィアらしい嫌らしさ満載。BGGで74.6%が4人ベストにしてるけど、配りきりになる3人5人よりは、2枚抜く4人の方が明らかに面白い。

株ゲーなんで利益独占しようとするよりは、win-winの関係を2つ作った方が得点高くなりがちやね。

「盛り上がらなかったら途中で止めましょうか」とか言ったものの、結局規定の4Rプレイ。モリモさんが79点でトップ。チアキさん73点、俺67点。

 

『老師敬服 / Master of Respect』

2-5 players.

同面子。

f:id:GRGR_BG:20190128160903j:plain

32点と過去最高点で勝ち。

 

まだ3人戦やってないけど、4人ベストっぽい。

3人だと敬服する対象が少なく、5人だと同じ技が被ると先に出した人が敬服され、後の人がされないという風に手番差が出やすくなる感じ。

HJ版の一番のウリは同人版の「1Rに弟子雇えなければ勝ち目無し」という条件が、「2Rまでに技1つ習得&弟子1人雇う」に緩和されたこと。このおかげで4~5番手の不利がかなり消えた。

さらに言うと、1Rに弟子雇うよりも技習得した方が良い場合が多いってのも不利が緩和された原因になってると思う。パンダのように鍛錬しなくても金1入るような弟子ならともかく、未鍛錬でメリット付いてない弟子雇っても2R目は生産力が強化されない。技習得ならほぼ確実に生産力上がるし、同じ技2枚あるから3人以上狙いが被りさえしなければカットされる事もない。特に【輪廻敬服拳】(金1敬服1)【闘志敬服拳】(酒1敬服1)なら敬服チップ消費せずに純粋に金1や酒1が入るんで、ガンガン敬服される。もちろん相手がトップっぽかったら自重する必要はあるだろうけど、他のプレイヤーが自重するかと言うと...

恐らく勝ち負けするには4Rまでにさらに技1+弟子1は必須。頑張れば3Rでもやれん事ないけど、それが必須かどうかはまだ謎。

まぁぶっちゃけ1Rに弟子と技両方取得できればそれがベストなんで、勝ち筋がそれしか無い、ってな事になる恐れはある。けどまだ成功した事ないなぁ。

 

『レース・フォー・ザ・ギャラクシー: 嵐の予兆 / Race for the Galaxy: The Gathering Storm』

1-5 players, BGG best 2 players.

モリモさんとのタイマン。

f:id:GRGR_BG:20190130084220j:plain

たしか3戦2勝。画像は2戦目の謎の回り方。異性種族めったにプレイせんけど、回るとホンマ楽しいなw

 

『カスタムヒーロー / Custom Hero』

2-6 players, BGG best 4 players.

モリモさんイシカワさん。

先週イシカワさんに唆されて買ってみたものの、ギミックは面白いけどルール的には基本大富豪だし、同作者同メーカーで同じギミックを使った『ミスティックベール / Mystic Vale』の方がBGGの評価高いし、『ドミニオン / Dominion』のデッキ圧縮の代わりにカード強化をするって方がシステム的には納得がいくんで、正直どうかなー感。

こっちは折角カードを強化しても、次のラウンドになったら配り直すんで、他人の手にカスタムされたカードが渡るからあんまり強化しがいが無くね?

 

……なんて評論家ヅラでいたのが、遊んでみると評価一変。(円卓Pのパクリ)

f:id:GRGR_BG:20190128154845j:plain

いやーコレ、ほんとバカゲーだわw

1~10までのカードを人数分(3人なら各3枚の計30枚)を配り切るんだけど、なぜか「14」とか「6が5枚」とかいうセリフが出てくる不思議。カスタムしても次のラウンドは他人の手札に入りうるのは確かだけど、最低でも3回は1抜けしないと勝てないんで、いざという時には使わざるを得ない。

個人的に大富豪系って「手札いかんではどうやっても勝てない / どうやっても勝てる」ってのがあまり好きじゃないんだけど、このゲームでは負けたら負けたなりのメリット(カスタムパーツを多く貰える)があるので、負けた方がゲームが楽しくなるという謎仕様であるが故にあまり苦にならない。

一番良いのはゲームが後半になればなるほどカードの効果が派手になっていくことろ。インフレマンセー

BGGで14票中10票が4人ベストになっていて、個人的にもそのくらいが一番ベストっぽい印象。3人でも十分楽しめるけど、前のカードと同じ数字を出すと次の人が強制パスになる効果が強すぎてほぼコレで決まっちゃうのが難点。

もう一つの難点として勝利条件が「10点以上持った状態でアガる」で、かつ「最下位になると10点以上持ってても強制的に9点にされる」から、結構収束性が悪い。5人ならまだ許容範囲内っぽいけど、6人だとかなり厳しそう。

ルールブックの説明がクドいのも何とかならんもんか。

 

とは言え、かなり楽しめる。同じ大富豪系の『トゥーアンリミテッド / Unlimited Fugo』よりも良い意味でも悪い意味でも大味。

一応勝ちはしたけど、正直勝ち負けどうでも良くなるわw

@たまやん会 190106

この日はたまやん宅でマジック・ザ・ギャザリング

過去のカードを適当に寄せ集めてドラフトするんですが、前日弟からキューブドラフトという名称があるという事を教わる。

このドラフトの魅力は、リンクの解説にもあるように

キューブドラフトの最大の魅力は、通常のドラフトとは全く異なるカード・プールを体験できることにある。すべてのカードが強力でピックに困るようなカード・プールや、色や稀少度が偏ったカード・プールなど、楽しみ方は自由である。多様なエキスパンションのカードが混ざる場合が多いため、普通にプレイしていては遭遇できないような変わったシナジーが見つかるといった面白さもある。

M;TG Wiki キューブドラフト 

 ここなんですよねぇ。特に2~3パック目でそれまで手を付けてなかった色の爆弾カードを引いた日には。これは普通のドラフトでも起こりうる事ですが、キューブドラフトならその爆弾っぷりが半端ないんで。

 

waanが15:00辺りから参加ということで、1戦目は5人アタックレフト

f:id:GRGR_BG:20190109093146j:plain

のっけから《不実 / Treachery(UDS)》《天才のひらめき / Stroke of Genius(USG)》と、強力カードが目白押し。本来なら《不実 / Treachery(UDS)》を取るところだけど、あえて《なだれ乗り / Avalanche Riders(ULG)》で。

f:id:GRGR_BG:20190109094349j:plain2パック目の初手、《死体のダンス / Corpse Dance(TMP)》2枚に吹くw 他に《Demonic Tutor(3ED)》まであるし...

f:id:GRGR_BG:20190109094614j:plain

3パック目初手。凶悪カード《命綱 / Lifeline(USG)》ゲット。

f:id:GRGR_BG:20190109095212j:plain

そして謎の5色コンボデッキ爆誕

《命綱 / Lifeline(USG)》とクリーチャー1体がいれば、3体のエコークリーチャー《なだれ乗り / Avalanche Riders(ULG)》《レイディアントの竜騎兵 / Radiant's Dragoons(ULG)》《ゴブリンの司令官 / Goblin Marshal(USD)》が墓地を行ったり来たりしたり、《給食スリヴァー/Victual Sliver(STG)》《スパイクの飼育係 / Spike Feeder(STH)》で毎ラウンド4点回復したりするデッキに。

キーカードの《命綱 / Lifeline(USG)》を引っ張ってくるための2枚のチューター、割られた時のために《宝捜し / Treasure Hunter(EXO)》《郷愁的な夢 / Nostalgic Dreams(TOR)》、5色サポートに5色土地2枚に5色出せるクリーチャー2枚、さらには《砕土 / Harrow(TMP)》《隠遁ドルイド/Hermit Druid(STH)》と万全。

...とは言え、あまりにも線が細く場持ちの良いクリーチャーがあんまりいないのが問題デ。《変幻の杖 / Proteus Staff(MRD)》の為だけに青入れるくらいなら、フツーなら出せない大型のクリーチャーをピックすべきだったなぁというのも後の祭り。

f:id:GRGR_BG:20190109102322j:plain

1ゲーム目は《命綱 / Lifeline(USG)》こそ出たものの、《給食スリヴァー/Victual Sliver(STG)》がtomの《屑嗅ぎ鼻 / Offalsnout(MOR)》に相打ちされた上に、《連合儀仗兵 / Coalition Honor Guard(APC)》がたまやんから「俺が出す予定の《時の精霊 / Time Elemental(4ED)》の邪魔になるから」という理由でとばっちりの《放逐 / Dismiss(TMP)》されたりしてクリーチャーが残らず撃沈。

2ゲーム目は《命綱 / Lifeline(USG)》《スパイクの飼育係 / Spike Feeder(STH)》のコンボが決まって1周する毎にライフ20点回復するものの決め手に欠け、waanが到着したことでお開きに。

うーん、やっぱ線が細かったか...

 

2戦目3戦目は皇帝戦レンジ2。

f:id:GRGR_BG:20190109105936j:plain

1パック目。《Wheel of Fortune(3ED)》以外に何があるのかとw

ちなみにレンジ2なので、打っても敵側のうち1人は対象外。ただでさえ強力なカードだけどさらに極悪な仕様に。

f:id:GRGR_BG:20190109111624j:plain

2パック目。コンボマニアとしては《ゴブリンの太守スクイー  /Squee, Goblin Nabob(MMQ)》を取りたい所だけど...やっぱカードパワーだと《賛美されし天使 / Exalted Angel(ONS)》《ブラストダーム / Blastoderm(NEM)》《とどろく雷鳴 / Rolling Thunder(TMP)》辺りになるんだよなぁ。

f:id:GRGR_BG:20190109110237j:plain

3パック目。《変異種 / Morphling(USG)》もいいけど、黒メインになったんで《ファイレクシアの疫病王 / Phyrexian Plaguelord(ULG)》をピック。

 

結局Bwrで《ファイレクシアの疫病王 / Phyrexian Plaguelord(ULG)》《魏公 曹操 / Cao Cao, Lord of Wei(PTK)》《悲哀の化身 / Avatar of Woe(PCY)》《戦慄をなす者ヴィザラ  /Visara the Dreadful(ONS)》《双子エンジン / Gemini Engine(DST)》《賛美されし天使 / Exalted Angel(ONS)》《火炎舌のカヴー / Flametongue Kavu(PLS)》といった重いクリーチャーてんこ盛り、クリーチャー除去も《剣を鍬に / Swords to Plowshares(4ED)》《殺し / Snuff Out(MMQ)》と、上のクリーチャー以外で《生命を破滅させるもの / Bane of the Living(LEG)》《ネクラタル / Nekrataal(VIS)》《ギザギザ・バイスケリオン / Serrated Biskelion(WTH)》とさらにてんこ盛り。

f:id:GRGR_BG:20190109110614j:plain

展開は遅いデッキだけど、皇帝ならそれでも除去さえ打ったら十分。1戦目は《コーの安息所 / Kor Haven(NEM)》でtomをサポートしつつ《棺の女王/Coffin Queen》で《ギザギザ・バイスケリオン / Serrated Biskelion(WTH)》《ファイレクシアの疫病王 / Phyrexian Plaguelord(ULG)》を使いまわし、2戦目は落としたものの、3戦目は《戦慄をなす者ヴィザラ  /Visara the Dreadful(ONS)》が睨みを効かせて終了。

ネタ的には《腐敗したゼンディコン / Corrupted Zendikon(WWK)》+《北の聖騎士  /Northern Paladin(4ED)》で土地破壊というのもあったんだけど、結局手札に温存して終わり。

やっぱ素直に強いクリーチャーとクリーチャー除去の方が強いな(苦笑)

 

f:id:GRGR_BG:20190109103205j:plain

3戦目となると大抵残念(というかフツー)なカードが出てくるのはなぜなのか。

1パック目は割とがっかりなラインナップ。

《貪欲なるネズミ / Ravenous Rats(INV)》をピック。基本的に最初のピックはシングルシンボルか土地・アーティファクトを取るようにはしてる。もちろん爆弾カード引けば別だけど。

f:id:GRGR_BG:20190109103927j:plain

2パック目も微妙。まぁ《恐怖 / Terror(3ED)》ありゃいいけどさ。

f:id:GRGR_BG:20190109104106j:plain

3枚目。万能妨害手段《氷の干渉器 / Icy Manipulator(ICE)》で無問題。

f:id:GRGR_BG:20190109104553j:plain

結局UBGのよく分からないデッキ爆誕

ネタ的にはドロー強化で《知識鱗のコアトル / Lorescale Coatl(ARB)》をデカくする、ってのはあるけども。《時のらせん / Time Spiral(USG)》で+1/+1カウンター7つとか夢ですよね!

f:id:GRGR_BG:20190109105249j:plain

現実は1戦目きっぺーさんの土地を俺の《露天鉱床 / Strip Mine(4ED)》とwaanの《略奪 / Pillage(ICE)》が壊したら止まったので殴りきり、2・3戦目は逆にwaanに土地破壊2枚が向かって負けるという、結局土地事故で大勢が決するという割と残念な結果に。

やっぱ皇帝戦だとランデス強いなぁ。3人いれば誰かは事故気味になるし、それに追い打ちをかけたら大抵止まる。ゲーム的にはつまらなくなるのが問題なんだけど。

f:id:GRGR_BG:20190109105234j:plain

この日最大の見せ場は、たまやん渾身の《精神ヘドロ / Mind Sludge(ZEN)》をtomがピッチで《誤った指図 / Misdirection(MMQ)》を打った時でしたね。《誤った指図 / Misdirection(MMQ)》自体はヴィンテージでメインに入ることがあるくらいに強いカードで、呪文に「プレイヤー1人を対象とする」「あなたは」「対象の対戦相手1人は」のどれが書かれてるか (要するに《誤った指図 / Misdirection(MMQ)》が効くか効かないか) でデッキに入る /入らない が決まる事さえあるほど。ただ、ハイランダー的な環境では中々効果的に打つ機会が無いカードなんですよねぇ。今回はほんと鮮やかに決まった。

 

最近ボードゲームをやりはじめて、改めてMtGの多人数戦をやると色々粗が見えてきちゃう。

アタックレフトなんて勝ちを目指そうとすると、どうしても長期戦向きなデッキになっちゃうし、皇帝戦でもボトルネック(特に土地事故)を集中的に攻めた方が勝つためには効率的で、そうなるとゲームの盛り上がりに欠ける。

 

それでもカードの効果が面白いからドラフトはやってて超楽しいんだけども。いっその事、土地2枚場に出した状態からスタートとかした方が良いのかしら?

@Meeple 190103

やったゲームは

  1. テラフォーミング・マーズ 拡張 / Terraforming Mars Expansion』
  2. 『鼠と密告者 / Sneak & Snitches』New!
  3. 『ブードゥー・プリンス / Voodoo Prince』New!
  4. 『知略悪略 / Mit List und Tücke』
  5. 『倉庫の街 / Die Speicherstadt』New!
  6. 『オニタマ / Onitama』
  7. 『レース・フォー・ザ・ギャラクシー: 嵐の予兆 / Race for the Galaxy: The Gathering Storm』

この日は着いたらルパンさんとイナさんとマツダさんが『テラフォ』の初期カードを吟味中。イエサブ行こうと思ってたけど、これ幸いにと参加。カード吟味中にモリモさんがやって来て...

うん、よくあるパターンだw

 

テラフォーミング・マーズ 拡張 / Terraforming Mars Expansion』

いつものように後回し。

 

『鼠と密告者 / Sneak & Snitches』

2-5 players.

ルパンさんイナさんヤマウチさんマツダさん。

f:id:GRGR_BG:20190105084127j:plain

8箇所の美術館から忍び込む美術館と、タレこみして盗まれないようにする美術館をカードを伏せることによって選ぶ。

タレこみのあった美術館に忍び込むと失敗して何も貰えず、タレこみが無かった場合でも誰かとバッティングしたらお宝カードを1枚だけ貰える(隠匿情報)。どちらも無ければアイコンに描かれたのと同じ色と数のキューブが貰える。

5人プレイだと右端にあるカードのように、青は1位のみ3点入り、黄色なら4位まで3点入るといった感じ。場に並ぶカードの中には素点1点付いてるもの以外に特殊なカードが何枚か。

メカニクスとしてはバッティング+マジョリティ。

 

割とシンプルなゲームで悪くはないんだけど、5人プレイだと点数で差が付きにくいのがどーにかならんもんか。

ゲームは緑を8つ集めてほぼマジョリティ確保、赤も5つでよっぽどの事がない限り逆転されんだろう、お宝カードは全部1枚ずつ。そしてお宝カードは枯れたので、バッティングしたらお宝カードは貰えないという状況。

マジョリティボーナスが計30点なので、平均6点は持ってることになる。

既に6点+1点は持ってるんで、勝つためには後3点必要になる。

 

マツダさんが青4持っているので、逆転するには青4必要。場にそのカードはあるけどまず警戒されそう。

となると4色のカード取って黄色が2枚になってラスにならない微かな望みに賭けるか、お宝3枚まで交換するカードで緑のマジョリティを確保しつつ黄色をギリ捲れるようにするか...

という2択になると、確率の話になってくるんですよねー。その計算するためにかなりダウンタイム取ってしまった(苦笑)

結局4色カードでイナさんとバッティングしての7点。綺麗に得点が分散してくれたおかげでヤマウチさんとトップタイ。

 

バッティングゲー自体は好きなんだけど、ちょっと物足らない感はある。悪くはないんだけどなー。

 

『ブードゥー・プリンス / Voodoo Prince』

2-5 players, BGG best 5 players.

同面子。

マストフォローのトリックテイキングゲームで、1R目は切り札がランダムで決まり、残りのラウンドは前のラウンドで負けたプレイヤーが決める。

指定されたトリック数を取ったら自分以外のトリック数だけ点数が入り、そのラウンドはゲームから離脱する。

最後まで離脱できなかったプレイヤーは0点になり、次のラウンドの切り札を決め、リードプレイヤーになる。プレイヤー人数と等しいラウンド数をこなして一番点数高いプレヤーが勝ち。

そして5と7でトリックを取った場合、2トリック取った扱いとなる。

スートや枚数、離脱するトリック数はプレイヤー人数によって変わる。今回の5人だと

  • 5スート 0~12
  • 手札14枚
  • 3トリック

になる。

要するに「人数-1」番目に規定のトリック数を満たせばベストって事ですわ。

 

基本的にゴーアウト系(手札出し切ったら勝ちなゲーム)やトリックテイキングゲームってあんま好きじゃないんですよねー。他人の出したカードで一喜一憂できる点は好きなんですが。

「『スカルキング / Skull King』や『トゥーアンリミテッド / Unlimited Fugo』を持ち込みつつ散々出してるのに」と言われるかもだけど、それには理由があって。

f:id:GRGR_BG:20190105090647j:plain

手札配られて、切り札が決まった段階で割とどうしようも無い状況が結構あるんですよねぇ。最後から2番目が一番点数高いけど最後のプレイヤーになったら最悪なので、そこにクニツィアらしいジレンマが存在する分、「トリック取りたい系」でもなく「トリック取りたくない系」でもなく、手札見て即死確定って状況は他のトリックテイキングよりは緩和されてるんでしょうけども。逆に手札がどうにでも勝てる時もまた面白みに欠ける。

 

これが『スカルキング』をはじめとするビット系 (ラウンドのはじめに何トリック取るか賭ける) だと手札に応じたビットをした後にどう帳尻合わせるかという面白さがあるし、『トゥーアンリミテッド』ならチップでどう帳尻合わせるかという面白さがあるんですよ。手札がどうであれ、工夫して考える余地のあるメカニズムが組み込まれてないと個人的には評価が下がるかなぁ。

 

『知略悪略 / Mit List und Tücke』

4-6 players.

同面子。

ルパンさんがやってないだろうと思って出したら、「たぶんやった事ある」と言われたんでビックリ。

「『おてばん』でやった事がある」と言われて...ああ、それなら納得。むしろあそこでプレイされるゲームとしてはだいぶメジャーな部類だわ(苦笑)

f:id:GRGR_BG:20190105113216j:plain

ルパンさんが最初さっぱり勘所掴めてなかったんでちょっと心配したけど、トリック取らされた後に「なるほどリードカラー以外を出すと取らされるのか」という辺りはともかく、取らされても良いカードを出したり、下家に取りたくなるようなカードを出したりと、3R目にはほぼコツを掴んでるのはさすが。

トリックテイキングってどのゲームもどこかしら変態的な所があるけど(基本がしっかりしてるからフツーだと埋没してしまうから?)、マイナーなメイフォローのゲームだけあって(と言ってもコレしかやった事ないけど)やはりハードルは高い印象。「出すカードに制約が少ないからむしろ初心者向けかも?」みたいなツイートがあったけど絶対そんな事はないぞw

やはりメイフォローなのにも関わらず、自分の不利益を回避しようとするとマストフォローのようにリードカラーが並ぶのも趣。さらにはマストフォローだとスートをなるべく減らして出せる選択肢を増やすのがセオリーの一つだけど、このゲームはメイフォローだからそんな事しなくても選択肢が多いので、逆にどのスートでも引き取らされないようスートをなるべく減らさないのがセオリーっぽいのが中々興味深い。

ハードルが高い以外の欠点としては、やはり地味。

とは言え、マストフォローならいくつもやった、というゲーマーには是非ともプレイしてもらいたいゲームだなぁと。

 

『倉庫の街 / Die Speicherstadt』

2-5 players, BGG best 4 players.

ヤマウチさんイシカワさん。

フェルトの競りゲー。

何が驚いたかって、最大プレイ人数5人、5金スタートなのにも関わらず

f:id:GRGR_BG:20190105115001j:plain

コインが25個しか無い事だw 

この段階で俺とヤマウチさんビビりまくる。お金大事。

f:id:GRGR_BG:20190105115308j:plain

詳しいルールは他に譲る(例えばココ)として、フェルトが苦手、競りゲーも苦手な俺でも割と楽しめた。

f:id:GRGR_BG:20190105084107j:plain

最終的に31点の僅差勝ち(ヤマウチさん30点、イシカワさん29点)だからという訳ではなく、中盤くらいに「あ、これ面白れーわ」と既に言ってたんで。

競りゲーでお金カツカツなんだけど、競り落とせなかった場合の救済措置があり(通常は毎ラウンド終了時に1金だけ入るが、買えなかったら2金入る)、意外とどーにもならん状態にはなりにくい。持ち金が2金以下になると「今ならあいつ競り落とせないからワーカー置いとけ」みたいに足元見られて選択肢がどんどん減っていくんで、2金収入はあえて狙う状況さえあり得る。

他人の手に一喜一憂できる点もいい。フツーのワーカープレイスメントだと先に置かれて(´・ω・`)ショボーンしかないけど、こっちは「先に買われそう」と先に置かれても困る場合があるし、後で置かれたら「1金競り上がったじゃんかYO!」ならまだしも「買えなくなったYO!」とさえなりうる。そして競りゲーなのにスタートプレイヤー不利なのも中々面白い。

勝てた原因はイシカワさんが「このゲーム契約書は揃いにくい」という情報を持っていたため比較的ラクに契約書を取れたこと、ヤマウチさんが倉庫を持ってたため船集めまくってたところに「船一艘ごとに1点」のカードをやはりイシカワさんがカットしてくれた事の2点だろうなぁ。4人プレイだと契約書は揃いにくいっぽいけど。

BGGじゃ70%が4人ベストなので、次やるなら4人の時かなぁ。

 

『オニタマ / Onitama』

2 players Only

ヤマウチさんとのタイマン。

f:id:GRGR_BG:20190108041318j:plain

頓死。恥ずかしいw

 

『レース・フォー・ザ・ギャラクシー: 嵐の予兆 / Race for the Galaxy: The Gathering Storm』

1-5 players, BGG best 2 players.

ヤマウチさんとのタイマン。

f:id:GRGR_BG:20190108041403j:plain

どないせぇと(苦笑)

とりあえず探査+探査で掘ってみるテスト。

f:id:GRGR_BG:20190108042716j:plain

2R《ブラスター宝石鉱床 / Blaster Gem Mines》3R《採掘ロボット / Mining Robots》と立ち上がりは遅かったものの、《失われた種の箱舟 / Lost Species Ark World》引いた後に《銀河連邦 / Galactic Federation》を引き当て、後は適当に。

ヤマウチさんに《消費市場 / Consumer Markets》出されたものの、生産打ってくれたらこっちも多大な恩恵受ける形になったのは良かった。

17点+VP3点+ボーナス9+8+6=23点のトータル43点で勝ち。

 

テラフォーミング・マーズ 拡張 / Terraforming Mars Expansion』

1-5 players.

ルパンさんイナさんモリモさんマツダさん。

f:id:GRGR_BG:20190108044315j:plain

【マニュテク / MANUTECH】一択。

f:id:GRGR_BG:20190108044344j:plain

プレリュードも良い。

f:id:GRGR_BG:20190108044433j:plain

f:id:GRGR_BG:20190108044423j:plain

プロジェクトカードも良いんだけど...コレなら企業が【テラクター / TERACTOR】か【POINT LUNA】が良かったなw

f:id:GRGR_BG:20190108045716j:plain

地球政府無しでやったけど、さすがに5人プレリュード有りだと展開が早く、8Rで終了。

f:id:GRGR_BG:20190108045827j:plain

結局66点で4位。

冴えなかった原因はいくつかあるけど、最大の失敗は《首都 / Capital》を打ちそこねた事だよなぁ。序盤に電力タグ1枚も引かなかったんで待ってたんだけど、モリモさんが【絶景王】早めに抑えた段階で電力2つ上げてでも取りに行くべきだった。48MC掛かっても6点取れるんなら...ねぇ。

序盤に《移民シャトル / Immigration Shuttles》引いたりでMC生産が伸びてただけに勿体無い。

f:id:GRGR_BG:20190108050901j:plain

ちなみにカード18枚中7枚が地球タグという偏りっぷり。チタン生産増やしても後半消費できなかったのも敗因だなぁ。ほんとプレイングに冴えが無い。

@Meeple 190102

やったゲームは

  1. テラフォーミング・マーズ 拡張 / Terraforming Mars Expansion』
  2. 『タイムボム / Timebomb』
  3. 『たのめナイン』
  4. 『マスクメン / maskmen』
  5. 『トゥーアンリミテッド / Unlimited Fugo』

 

この日は13:30頃に到着したものの、15:00辺りまでマツダさん独りしかいないという閑散とした状態。

まぁさすがに正月明けは人来ないわねぇ。

イナさんが15:30辺りに来たんで満を持して『テラフォ』。

 

テラフォーミング・マーズ 拡張 / Terraforming Mars Expansion』

1-5 players.

2戦ともイナさんマツダさんっぽい。

正直全く記憶に無いんだけど(苦笑)、1戦目は【マニュテク / Manutech】使って10R決着の85点で4点差勝ち、2戦目は【タルシス共和国 / THARSIS REPUBLIC】使って10R決着の75点で最下位(トップのマツダさんが126点)だったっぽい。

 

『タイムボム / Timebomb』

4-6 players.

イナさんマツダさんオヤマさん初見のお客さん2人。

f:id:GRGR_BG:20190108150153j:plain

2人とも酒入った状態だったからか、ちょくちょく変な理屈が出てきてかなり盛り上がった。地頭は良さそうで、最終的にはちゃんとした理屈が出てくるからこそ、変な理屈が「面白い」となったんですけども。

展開も1戦目が1R目に2人が2サクセス宣言して切りあったにも関わらず1枚も出ないという波乱のスタートで面白かった。しかもどちらもSWATで正直に答えてたとゆー。

ちなみにこの状況で1枚も出ない確率は、

1-2枚目が3/5, 3-4枚目が2/4, 5-6枚目が1/3なので

(3*3*2*2*1*1)/(5*5*4*4*3*3) = 1/(5*5*4) = 1/100なんですけどねw

 

『たのめナイン』

2-5 players.

イナさんマツダさん他2人。

酔っ払ってる人間にはいいゲームかなぁと思って出してみた。盛り上がりはしたけどもうちょっと考えるゲームがやりたいという事だったので1回だけプレイ。

 

『マスクメン / maskmen』

2-6 players.

同面子。

f:id:GRGR_BG:20190108151019j:plain

良いゲームではあるのだけど、正直あんま好みじゃないなぁ。

ゴーアウト系にありがちな、手札いかんではどうしようもない / どうにでもなる って展開が多いんよねぇ。配られた段階ではワンちゃんあるかも、と期待は持てるんだけど、4枚持ってるカードが一番最初にデビューしちゃった日にはほぼ無理ゲー。

マイナス喰らうと次のラウンドは有利になるんでフィードバックは効いてるんだけど、逆に言うと配られる前の段階から相当有利になるってのも。大富豪系にありがちな「数の大きいカードがたくさん配られると有利」ってな状況を、強さを出す順番によって変えられるというルールで、いかに残りのカードを強くするかって所に面白みがある。逆に言えば後手番になればなるほどかなりの確率で弱いカードをたくさん握った状態でスタートとなるんよね。

個人的には6人でやるゲームじゃないなと。3~4人がベストじゃないかなぁ。

 

『トゥーアンリミテッド / Unlimited Fugo』

3-6 players.

同面子。

f:id:GRGR_BG:20190108151520j:plain

あえて大富豪系の後に大富豪系を重ねてみるテスト。

もちろん好みもあるんだろうけど、比較してみるとこのゲームの良さが際立つ。

 

大富豪系にありがちな「数の大きいカードがたくさん配られると有利」なのは確かだけど、数の小さいカードがいっぱいあっても一回スタートプレヤーを取れさえすれば、小さいカードの方がチップをあまり使わずにまとめて出しやすいんで、何とかなる余地はある。むしろ数字がバラバラな時がヤバイんだけど、それも1枚2枚を出す展開になればワンチャンある。

何より選択肢が多いから、勝てない事はあっても負けない戦いは最低限できる。

今回もそうだったけど、考えるのが好きな人には割と好評。

@BRESPI 190101

やったゲームは

  1. ラミィキューブ / Rummikub』
  2. 『ギズモ / Gizmos』New!
  3. テラフォーミング・マーズ拡張 / Terraforming Mars Expansion』
  4. 『グラスロード / Glass Road』
  5. 『ウェルカム・トゥ / Welcome to...』New!

正月は地道にブログ更新しようと思ってたんだけど、どうも気が乗らず。

まぁ最近勝ててないってのは正直ある(苦笑)

ボドゲやろうにもMeepleは元旦営業してないしなー...

 

ん、Meepleは営業してない?

じゃぁBRESPIは?

 

調べてみたら、どうも年末年始はフル営業の様子。大晦日と元旦は客入らなさそうな気がするんだがなー、とか言いながら折角だから行ってみようかと思う客もいる訳ですが。

 

2時頃着いたら男性3人組と、ルパンさんが女性2人とでゲーム中。やっぱ客足は遠いわなー。

片方はたぶん店員のななさんだろう。店長は...

 

ああ、この人かw 昔ミープルに結構来てた人が店長だって聞いたことはあったけど、やっと顔と名前が一致したわ。

 

ラミィキューブ / Rummikub』

2-4 players, BGG best 4 players.

ルパンさんななさんマチさん。

ルパンさんに「何しますか?」って言われても、既に『ラミィキューブ』だけがテーブルの上にある状態でどうしろと(苦笑)

まぁ今日のうちに1回はやるだろうから、やるなら早めに。

f:id:GRGR_BG:20190102022217j:plain

まだニコちゃんマークを浮かせるアレンジが覚束ないなぁ。まぁそれが出来てたとしても残り2枚を1枚に出来たのが2回あっただけで、今回どーやっても上がれんかった訳ですが。

下手に出せるだけ出すよりは、毎回1枚は出せる状態をキープした方が傷は浅いのかなぁ。どちらにせよ、最終的には運ゲーな印象は変わらず。

 

『ギズモ / Gizmos』

2-4 players, BGG best 2-3 players.

ルパンさんマチさんうまま(店長)さん。

ルパンさんが「『ポーション・エクスプロージョン』みたいなゲーム」って言ったので、「セットコレクション?」って聞いたら、そうって答えが帰ってきたんだけど、

f:id:GRGR_BG:20190102023111j:plain

うん、これセットコレクションじゃないな(苦笑)

というか、ボードゲームでよくあるメカニズムがほとんど無いというか。BGGでは"Card Drafting"とは書いてるけど、このメカニズムってSearchの時しか使ってないからなぁ。

何にせよ出来るアクションは4つあって、

  • File(格納) 場にあるギズモ(カード)をキープする。初期ギズモの効果で最初はランダムに1個玉を取れる。
  • Pick(ピック) 見えてる玉を1個取る。
  • Build(構築) 場か自分が格納したギズモを作る。コストが左下、点数が右上。左上のマークの箇所に並べていく。
  • Search(研究) Searchできる枚数分山札からギズモを引き、そのうちの1枚を格納もしくは構築する。

1番手だったんで何していいか分からず、とりあえず「赤をbuildしたらトリガー引く」カードが2枚あったんで、その1枚を取るべく黒玉ピックしてみたんだけど...

Pickの方がやる回数多いんで、Pickでトリガーするギズモをいかに建てていくかって感じになるのな。ちゃんとルパンさんが「『ポーション・エクスプロージョン』みたいなゲーム」ってヒントを出してくれてたのにさ(苦笑)

コンボ要素はあるんでそこそこ面白くはあるけど、買ってまでしてやりたいって所までは行かないかなぁ。

デザイナー名見て誰?って思ってたけど、『イムホテップ / Imhotep』『クマ牧場 /
Bärenpark』『スシゴー / Sushi Go!』の人ってのを見てああなるほど良いゲームで面白いけど自分の好みからは若干逸れる感じだなぁと変に納得。

 

テラフォーミング・マーズ拡張 / Terraforming Mars Expansion』

1-5 players.

ルパンさんうままさん。

f:id:GRGR_BG:20190102101622j:plain

おとといは良かった企業も元通り(苦笑)

一応【国連 / UNMI】はプレリュード入った事で多少マシになったとは言え。

f:id:GRGR_BG:20190102102039j:plain

f:id:GRGR_BG:20190102102106j:plain

f:id:GRGR_BG:20190102102120j:plain

カード自体は悪くない。

どうせ企業が弱いんで、ネタに走るしかないなーと思いつつ考えたのが

【国連】+《鉱石処理場 / Ore Processor

【ヴァイロン / VIRON】+《開発センター / Development Center》

のどっちか。結局後者で。

f:id:GRGR_BG:20190102111111j:plain

R10で終了。プレイしたカード30枚(プレリュード含む)と回った感あったんだけど、結果はルパンさんうままさん共に97点のところを78点と19点も差を付けられてのダンラス。

うーん、これはいかん。いかんなぁ。本格的にスランプだ。

f:id:GRGR_BG:20190102111343j:plain

最終的にMC生産+40あり、木星タグのボーナスが5*2あってコレだもの。逆に言うとそれ以外が案外だったって事だけど。カードいっぱい引けてる事で回ってると誤解した恐れが極大。

f:id:GRGR_BG:20190102112243p:plain

いくつか反省点はあって。

  • 《イオ採掘産業 / Io Mining Industries》は最優先。
  • 発熱上げてる状況で《魚類 / Fish》を捨ててる。【ヴァイロン】なのに。
  • 他にパネル置くカード無いのに《採掘地帯 / Mining Area》はNG。
  • マトモに緑地配置できないのに都市3つ建ててる。
  • 木星タグ目的なら《トリウム小惑星より電力転送 / Beam From a Thorium Asteroid》はゴミ。
  • 毎ラウンド2枚追加で引けるのにキープ多すぎ。

とりあえずこの辺かなぁ。もちろん企業が弱かったってのはあるけどそれだけじゃない。どこがボトルネックか考えないと...というか、何か基準となる目安を用意しとかんと同じことの繰り返しになるな。

例えば将棋で強くなるためには棋譜を並べるといった行為が必要だけど、『マーズ』はさすがにそれは無理にせよ、他の人がどういうプレイングしてるのか一度参考にせんとあかんなこりゃ。明日は1回マツダさんの後ろにでも張り付くかw

 

『グラスロード / Glass Road』

1-4 players, BGG best 2 players.

うままさんななさん。

ななさんが「店長このゲーム強い」って話したんで、じゃぁやろうかと。

番手は俺ななさんうままさん。

 

1R

f:id:GRGR_BG:20190102032650j:plain

...1番手のメリットないわ(苦笑)

一番強い建物は【養樹園】だけど、潰す目的で最初に《大工》出して【砂採取場】を取りに行く。

f:id:GRGR_BG:20190102033313j:plain

うままさんを潰すつもりだったけど、何故かななさんが木1取らされるハメに。

次にななさん、うままさん共に《水運び人》が出てきてビックリ。これがあるから違うメンツでやると侮れないんだよなぁこのゲーム。

その次は《粘土運び人》《焼き畑農家》が出てきて安堵しましたがー。

さすがに《領主》はバッティングするわな。引いたのは【木炭窯】【組合会館】【硬質レンガ工場】。【組合会館】はともかく、他の2枚はいい引きしてる。

 

この時点で最終的に狙うのは【硬質レンガ工場】のボーナス獲得。

f:id:GRGR_BG:20190108035529j:plain

そのためには1)レンガを大量生産できる体制 2)レンガが必要な建物の建設 が必要。

幸いレンガに必要な炭・食料・粘土のうち

f:id:GRGR_BG:20190108035832j:plain

炭を加工する【木炭窯】は引いてるんで、残りの食料・粘土と、炭の原材料となる木を生産できる体制を取れるかどうか。

2R

f:id:GRGR_BG:20190102033745j:plain

うーん粘土変換出てこない。ただ、水→硅砂と変換できるんで木→水変換の【桶屋】は欲しいところ。レンガ2使って3点付いてるのもポイント高し。

さらに【砥石製造所】も取れれば木3→水6→硅砂12→レンガ4とチェーンになり、食料と粘土を取らずしてレンガを大量生産できることに。

f:id:GRGR_BG:20190102034321j:plain

...とか思ってたのに「まだ取られないだろう」と高を括って【穀物庫】取ったら【桶屋】をななさんに取られたでござる。痛い(苦笑)

その上1回もバッティングできずアクション数4回。相当痛い(苦笑)

 

3R

f:id:GRGR_BG:20190102034613j:plain

今度は何とか挽回。【建築士の倉庫】で無理矢理粘土を捻出して【燃料倉庫】を建て、早めに【工場】確保。《領主》で【湯治場】【材木商】【木骨造りの家】を引く。

【湯治場】で木→炭→水→硅砂とチェーンが出来るけど、たぶん手を出してる余裕は無い。

4R

f:id:GRGR_BG:20190102035621j:plain

毎回書いてるけど、このゲームの欠点のうちの1つは4Rに出す専門家のうち4人がほぼ確定(建設できる専門家)になるんですよねー。

f:id:GRGR_BG:20190102045219j:plain

場に【窯】があるので確保したいが、その前に【建築士】出された時のためと、レンガ生産するための食料が要る。という事でまず【漁場】を取って、次に粘土が要るので【窯】。木も足りないので【材木置き場】を取って【硬質レンガ工場】でフィニッシュ。《建築士》《納入業者》がダブルアクションできれば【木骨造りの家】でさらに6点。

f:id:GRGR_BG:20190102035723j:plain

...なーんて事考えてたんだけど、《坑内労働者》出したら2人ともバッティングして、さすがに採掘坑置かないと【工場】のボーナス取れないよなー、なんて思ってたら次に《耕作者》出したらバッティングしないという(泣)

うんうん、醍醐味ですよ!

【漁場】【窯】を取り、【材木置き場】を取ろうとしたらななさんに取られて万事休す。

木3無いと【硬質レンガ工場】がーーーー!

 

...はっ、あんな所に【事務所】が転がってる。でも粘土がNEEEE!

 

うままさん「さっき粘土に変換する建物取ってませんでした?

f:id:GRGR_BG:20190108040637j:plain

はっとw

といったハラハラ・ドキドキの展開だったんですが。

f:id:GRGR_BG:20190102040558j:plain

蓋を開けてみればボーナス8*2が効いて結構な高スコア。

いやー、よく回せたなこの建物で。というか木と粘土が足りたな。

 

うままさんはそこそこ強いけど、俺とイナさんなら8割方勝てそう。

ななさんはまだ初心者脱出したくらいだけど、今回ナチュラルに木→水→食料、水+食料→粘土のチェーンが出来上がり、木と炭と硅砂さえ取れれば何でも作れる状態。

f:id:GRGR_BG:20190102042117j:plainf:id:GRGR_BG:20190102042205j:plainf:id:GRGR_BG:20190102042212j:plain
惜しくも今回ボーナス建物が下の2枚だったんで点数には結びつかなかったものの、

f:id:GRGR_BG:20190102043043j:plainf:id:GRGR_BG:20190102043051j:plain

これが加工物(水、食料、粘土)を参照するボーナス建物だったらうままさんより点数伸びてたはず。実に惜しい。とは言え、少なくとも今回は拡大再生産を体験出来ただけでも十分価値があったんじゃないかなぁ。

 

というか、最近は『グラスロード』以外で勝てる気がしないわ(苦笑)

 

『ウェルカム・トゥ / Welcome to...』

1-100 players, BGG best 2-4 players.

同面子。

前からちょっと気になってはいたんだけど、今調べたら作者がコレが2作目、しかも1作目の『Optimo!』はBGGのNum Ownedが5名という超レア作品。パブリッシャーもBlue Cocker Gamesという聞いたことないトコで、他に『Medieval Academy / メディバル・アカデミー』(知らない)『イエース! / Yesss!』(あの変なゲームか)と他3作品以外はランク外というくらいにマイナー。

f:id:GRGR_BG:20190102065240j:plain

(実際はBIS-1点で79点)

感覚的には『クウィックス / Qwixx』や『ガンツシュンクレバー / Ganz schön clever』に近いけど、インタラクションがほぼ無い(区画条件の早取り要素だけ)のが特徴的。そのおかげで100人まで大丈夫って事なんだろうけども。

『バスルートを作ろう! / Let's Make a Bus Route』と同様、カードをめくってランダム性を出してるので、ダイス目の偏りに翻弄される事はなく、そういう意味では運要素は若干控えめ。ちゃんとテーマが乗ってるのはいい感じ。

ただまー、そんなにギミックが面白いかと言われると。終了条件のひとつ、区画条件は無視して広区画の不動産価値上昇と庭の2つに絞った方が得点伸びそう。下段を真ん中で割って、中段上段を左右どちらかを先に埋める感じだといつ終了してもある程度は得点取れる...のかなぁ。

勝敗はうままさんが107点でななさんが106点だっけか。

コレも買ってミープルに置きたいくらい面白いかと言われると微妙だけど、プレイ人数に幅があるし、同時解決だからダウンタイム少ないってのは素晴らしいメリットなんで悩むところ。誰か置いてくれんかねw

@Meeple 181224

やったゲームは

  1. テラフォーミング・マーズ 拡張 / Terraforming Mars Expansion』
  2. 『スカルキング / Skull King』
  3. 『花火 / Hanabi
  4. 『センチュリー:スパイスロード / Century:Spice Road』
  5. ジャンクアート / Junk Art』New!
  6. 『ロンド / Rondo』
  7. 『たのめナイン』
  8. 光合成 / Photosynthesis』

この日は連休最終日、かつクリスマスイブって事もあって客は来てもカップルくらいじゃねーかなーと思って行ってみたら、開店直後はマツダさんのみ。20分くらい経ってカップルが一組来るだけで「今日は暇っぽいからタケシタさんも(『マーズ』)入りますか?」ってな事をマツダさんが言い出す始末。

昔ならそのままって事もあったんだけど、3時頃には続々来店してタケシタさん1人で大忙し。そのうちの一組は外国人の6~8歳くらいの男の子2人とその両親の家族。

タケシタさんがどのHabaゲーを出そうかと考えていると...

 

親が持っていったのは『テラミスティカ・ガイアプロジェクト / Terra Mystica; Gaiaproject』で、次が『サイズ -大鎌戦役- / Scythe』だったとゆー(苦笑)

どっちも子供が途中で飽きちゃったっぽく、ゲーム成立してなかったみたいだけど、アレは何だったんだ...

 

テラフォーミング・マーズ 拡張 / Terraforming Mars Expansion』

1-5 players.

1戦目はマツダさんとのタイマン。

2戦目はイナダさんマツダさん。

正直どっちのゲームも全く記憶にない(ここの部分だけ書いてるの3/28)んだけど、どっちのゲームも20点差以上離されてボロ負け。

プレリュードに対応しきれてない感アリアリっぽいなー。

まぁ未だにそうなんだけど。

 

『スカルキング / Skull King』

2-6 players, BGG best 4-6 players.

イナさんマツダさんスズキさんシェンさん。

f:id:GRGR_BG:20181225073143j:plain

昔は勝率6割くらいあったゲームだけど、最近あまり勝ててない。

腕が落ちたというのではなく、最近回りのレベルが上がってきてほぼ対等な勝負になってきた感じ。

その証拠として、0トリック宣言が潰されまくってラウンド7の段階でトップが140点というロースコア。というかむしろコレが普通になるべきじゃないかなぁ。

勝負は9Rにこの手札で2トリック宣言して180点になり2位に躍り出るも、マツダさんが240点のトップ。ダメ元で0トリック宣言するも、マツダさん3トリック宣言した段階でかなり厳しく、0トリック失敗のマツダさん3トリック成功でマツダさん勝利。

 

『花火 / Hanabi

2-5 players, BGG best 4 players.

イナさんスズキさんシェンさん。

f:id:GRGR_BG:20181225073738j:plain

このゲームやるの久しぶりすぎてルールもあやふや。

イナさんがインストしてくれたんだけど、1回目は俺がやけっぱちで1枚捨てたら1/3の確率で5を捨ててしまい負け。2戦目は伏せてる牌を全部使い切るとゲームオーバーというルールを失念してたために、その条件を満たしてしまう。

やっぱいいゲームだとは思うけど、正直それほど合う感じはしないかなぁ。基本的なセオリー確立しちゃったらそれに倣う感じだし。

 

『センチュリー:スパイスロード / Century:Spice Road』

2-5 players, BGG best 3-4 players.

イナさんスズキさんシェンさんオヤマさん。画像なし。

赤黄

黄黄黄→茶

茶→赤赤黄黄

この3枚だけ買って回して割と上手くいってたんだけど勝てず。

 

ジャンクアート / Junk Art』

2-6 players, BGG best 4-5 players.

同面子。

f:id:GRGR_BG:20181225074352j:plain

このブロックどっかで見たことあるなーと思ったら、以前M's Barで見たやつだわ。このゲームのシステムでは遊んでないけどもw

カードに描かれたブロックを積み上げて、基本的には高さを競うゲーム。ただし、どのブロックを積むかのバラエティがあり、例えば3枚引いて1枚手札、残り2枚を両脇に渡したり、バックドラフトのように10枚のうち1枚を下家に積ませる、といった方法でブロックが指定される。

試みとしてはまーまー面白いんだけど

f:id:GRGR_BG:20181225075022j:plain

結局高く積み上げるのが成功するか否かじゃね?な雰囲気は。

ぶっちゃけあんま達成感無いなぁ。

スズキさんが圧勝。

 

『ロンド / Rondo』

2-4 players.

イナさんスズキさんシェンさん。

f:id:GRGR_BG:20181225075357j:plain

やっぱ渋くていいゲーム。他人の手で一喜一憂できるって事が、自分の手で他のプレイヤーのメリットを生み出すというジレンマになってるんだよなー。

初めはトップ独走してたんだけど、だんだんコツを掴んできたスズキさんが追い上げ結局まくられる。

 

『たのめナイン』

2-5 players.

イナさんスズキさんシェンさんタケシタさん。

f:id:GRGR_BG:20181225075651j:plain

再販されたおかげで俺もようやく買えた(元々ルパンさんが置いてくれてるけど)。

やっぱいいゲームだなぁ。

 

光合成 / Photosynthesis』

2-4 players, BGG best 3 players.

シェンさんタケシタさん。

残り1時間くらいで何しようかってなった時にタケシタさんが「やった事ない」と言ったので。インストもうちょっとスムーズにしたかったなぁ...

f:id:GRGR_BG:20181225080039j:plain

このゲームで写真を取る時の鉄則が1つ。

インスタ映えするなら中盤の写真を撮れ!

終盤(この画像は最終ラウンド)になると木がガンガン伐採されてくからなぁ。

BGGで3人ベストがいつの間にか70%になるくらいのゲームだけど、やはり3人が一番バランスが良い。ただまー先手有利なのがねー。

シェンさんが言ってた上級ルール(影になってる種や木は生長できない)でやると、中央部分で得点取るのが難しくなるんで、戦略性高めるならそっちのルール採用した方が良さそう。これなら多少は先手有利も緩和されるハズ。

ゲームはシェンさんとトップタイ、場にある木と種の数でタイブレーク勝利。

 

 

@Meeple 181216

やったゲームは

  1. テラフォーミング・マーズ 拡張 / Terraforming Mars Expansion』
  2. ノイシュヴァンシュタイン城 / Castle of Mad King Ludwig』
  3. 『すずめ雀 / Suzume-Jong』
  4. 『きらめく財宝 / Funkelschatz』
  5. 『イニシュ / Inis

 

テラフォーミング・マーズ 拡張 / Terraforming Mars Expansion』

長くなるので後回し。

 

ノイシュヴァンシュタイン城 / Castle of Mad King Ludwig』

1-4 players, BGG best 4 players.

イナさんウメさんシェンさん。

f:id:GRGR_BG:20181217062719j:plain

久々にやったけど、やっぱ楽しいなぁ。

ただ、どうもウメさんはこのゲームに関してはイマイチピンと来てないっぽい。

今回はLiving Roomを効率的に取れなかったこともあってシェンさんに次いで2位。

せめてカードでボーナス入る「騒がしい部屋」をもうちっと取れてればなぁ。

 

『すずめ雀 / Suzume-Jong』

2-5 players.

イナさんマツダさんシェンさん。

f:id:GRGR_BG:20181217062739j:plain

グリーンダヨ!
M's barでおかわり2戦目以来の久々トップ。

 

『きらめく財宝 / Funkelschatz』

2-4 players.

同面子。

f:id:GRGR_BG:20181217062752j:plain

やっぱ地味な感じが...それなりには出てるので買ったかいはあったんだけど。

 

『イニシュ / Inis

2-4 players, BGG best 4 players.

同面子。

f:id:GRGR_BG:20181217062705j:plain

やはり4人でプレイすべきゲーム、だったんだけども。

うーんやっぱミープル向きじゃないな。せめてパーティ感ないと殴り合いゲーは厳しそう。

個人的にはドラフトする辺りまでは好みだけど、トップ叩きで間延びするのがどうもなー。

 

テラフォーミング・マーズ 拡張 / Terraforming Mars Expansion』

1-5 players.

1戦目はイナさんマツダさん。

f:id:GRGR_BG:20181224090230j:plain

この段階でやる気減。

f:id:GRGR_BG:20181224090313j:plain

プレリュードももひとつ。《EXCENTRIC SPONSOR》自体は悪くないんだけど、

f:id:GRGR_BG:20181224090406j:plain

f:id:GRGR_BG:20181224090416j:plain

重くて強いカードが無い状況じゃなぁ...

f:id:GRGR_BG:20181224090530j:plain

セレスティック / CELESTIC】を選択して、めくれたのがこの2枚だった段階でさらにやる気減。《成層圏の鳥 / Stratospheric Birds》自体は強いし、《マックスウェル基地 / Maxwell Base》とコンボするんだけど、序盤に出したいカードを引きたかった。そうなりゃ《金星総督 / Venus Governor》も出せるし。

f:id:GRGR_BG:20181224091113j:plain

建材だけは産出する割に建材タグをほとんど引かず、やけっぱちに3Rに打った《ソレッタ / Soretta》で状況はさらに悪化。

f:id:GRGR_BG:20181224091230j:plain

結局11R決着でダントツ最下位。うーんいかんなぁ。

f:id:GRGR_BG:20181224093250p:plain

どのみち勝ててはないとは思うけど、やりようはもう少しあった気はする。

セレスティック】のアクションをすっかり忘れてたのは論外として、建材産出増やしてるのにも関わらず木星タグに拘ってたり、もちろん《ソレッタ》も問題。

 

2戦目はイナさんウメさんマツダさんシェンさん。

f:id:GRGR_BG:20181224094308j:plain

またしてもやる気デストラクション。

f:id:GRGR_BG:20181224094337j:plain

今回プレリュードはそんなに悪くない。

f:id:GRGR_BG:20181224094400j:plain

f:id:GRGR_BG:20181224094413j:plain

ただし、プロジェクトカードはもひとつ。

f:id:GRGR_BG:20181224095859j:plain

ウメさんが称号独占、シェンさんが報奨独占して、結果的にシェンさんが2位に8点くらい離してのトップだった気がする。俺はラスではなかった...ハズ。

f:id:GRGR_BG:20181224100119p:plain

短期決戦だろうと見越してプレリュードで5点取ってみたものの、少なくとももう片方は《BUSINESS EMPIRE》にすべきだったような。

途中で勝てそうな気が全くしなかったのでワンチャンで科学タグの重い2枚キープしてみたけど、単に無駄だったな(苦笑)

木星タグ4枚で11点取れてるのはラッキー。