機上の九龍

kowloon on aeroplane

@たまやん会 180811,180814

11日の面子はたまやん、きっぺーさん、waaan、ジャイ、トミー。

1400頃に着いたらドラフト中で、「せっかく《頭蓋骨絞め / Skullclamp(DST)》引いたのにー」とブーブー文句言われるのは最早お約束の域。

仕方ないからと俺も参加して再度ドラフトをしていると、「ひょっとしたら来れるかも」と言ってたジャイ登場。

 

「ジャイキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」

 

...何なんスかねこの温度差は(苦笑)

まぁぶっちゃけ5人でアタックレフトやるよりは、6人で皇帝戦やる方が遥かに面白いからなぁ。というかMtGを多人数戦でやるなら奇数はダメだと思う。

f:id:GRGR_BG:20180817062621j:plain

ということで、ようやく本番のドラフト開始。

昔のカードをテキトーに放り込んだカードの束から、5枚のパイルを9山作り、自分以外のパイルから3山取って1パックとして扱いドラフトする、って感じです。

ウチの環境は、レンジ2の皇帝戦でやっとります。

なので、例えば《吠えたける鉱山 / Howling Mine(4ED)》を出したら1人だけ引けなかったり、将軍が《神の怒り / Wrath of God(4ED)》打っても対面の対戦相手のクリーチャーは無傷だったりと、かなり癖のある環境に。基本的にはリセット呪文は通常よりも扱いづらく、全てのプレイヤーに恩恵のある呪文は対戦相手の1人だけ対象外になるのでかなり強くなります。そして全てのプレイヤーにデメリットを与える《ミシュラのアンク / Ankh of Mishra(4ED)》のようなカードはゴミと化すw

f:id:GRGR_BG:20180817062921j:plain

初手のパック。

The Top 50 Nonbasic Lands にリストアップされている土地2つがあるものの、この環境では基本的にゴミ(苦笑)

3パック目でガラリと色が変わることがままあるこのドラフトだと、出来れば最初は色拘束の薄いカードを引きたい。無色ならモアベター。ということで《太陽の指輪 / Sol Ring(3ED)》をピック。

f:id:GRGR_BG:20180817064343j:plain

...とか言いながら2手目に《転覆 / Capsize(TMP)》取ってるんですが(苦笑)

この環境で「回れば勝ち」なカードのうちの一つなんで。クリーチャーが少ないのが難だけど、とりあえず青タッチ白では行けそう。

2パック目。

f:id:GRGR_BG:20180817064805j:plain

この環境で強いカードは、出せば次のターンに4体苗木トークンが出てくる《新緑の魔力 / Verdant Force(TMP)》、2人対戦よりも対象になるプレイヤーが増える分、選択肢が増えるが故により強力な土地破壊2枚、そしてテンポアドバンテージを取れる《釣り合い / Equilibrium(EXO)》と、比較的粒が揃ったラインナップ。個人的には《巻物棚 / Scroll Rack(TMP)》とか好きなんだけどなぁ。

ちなみにこの中で一番のゴミは《冬の宝珠 / Winter Orb(5ED)》。対戦相手の1人だけマナがガンガン使えるというw

色的に考えて《釣り合い / Equilibrium(EXO)》を取ったんだけど、デッキに軽いクリーチャーの数をある程度揃えなければいけないのが玉に瑕。

f:id:GRGR_BG:20180817070003j:plain

で、何とか揃えてみましたという感じ。ちょっと色拘束がキツイのが気になるけども...

f:id:GRGR_BG:20180817070344j:plain

3パック目。

《釣り合い》で《花の壁/Wall of Blossoms(STH)》2枚を使い回して2Gで1ドロー、なんて夢が見えるけど、まぁ2枚目は回ってこないだろうしその為に緑足すかと言われるとアレ。

ここは敵1人だけ恩恵を受けない《繁栄  /Prosperity(VIS)》かなぁ。

f:id:GRGR_BG:20180817070757j:plain

《解呪 / Disenchant(TMP)》は入ったものの、187なクリーチャーは1枚だけってのも案外。そして青なのにカウンターが《意志の力 / Force of Will(ALL)》1枚だけってのもなぁ(苦笑) ちなみに黒いカードはカット。

f:id:GRGR_BG:20180817071221j:plain

結局こんな感じに。相手のテンポを落とす事に特化して、攻撃は他人任せなデッキに(苦笑)

f:id:GRGR_BG:20180817071521j:plain

皇帝引いたおかげで後方支援に徹することができ、かつ《釣り合い》が割られても《理想主義の修道士 / Monk Idealist(USG)》《航行長ハナ / Hanna, Ship's Navigator(INV)》で回収して再び出すという嫌らしい感じに。1戦目はこちら側のリセットを掻い潜った《虹のイフリート/Rainbow Efreet(VIS)》がチマチマ殴って勝ったような。

2戦目はきっぺーさんの出した《魂の管理人 / Soul Warden(EXO)》が除去されないまま残り続けた上にクリーチャー並べられて、味方のたまやんの山をぶっ壊してまで打とうとした《噴火 / Volcanic Eruption(3ED)》をwaaanにカウンターされて投了。

 

f:id:GRGR_BG:20180817072229j:plain2戦目。そこそこ強いのが《変異種 / Morphling(USG)》《起源 / Genesis(JUG)》《双子エンジン  /Gemini Engine(DST)》くらい。「最初はなるべく色を決めない」方針により《双子エンジン》ピック。初手で取るカードと言われるとアレだけども...

f:id:GRGR_BG:20180817072636j:plain

完全に黒青な流れ。

f:id:GRGR_BG:20180817072806j:plain

2パック目。色合ってるなら《Demonic Tutor(3ED)》でしょうよ。

f:id:GRGR_BG:20180817072956j:plain

4手目、何故か流れてくる《Thawing Glaciers(ALL)》。この土地もThe Top 50 Nonbasic Landsにリストアップされてるカードだけど、さすがにこの環境でも超強いよ?

黒いクリーチャーが1枚も取れなかったのがちと痛い。

f:id:GRGR_BG:20180817073510j:plain

だからと言って《暗黒の雛 / Dark Hatchling(USG)》取るって訳にもいかないw

まぁ《嘘か真か / Fact or Fiction(INV)》でイインジャネーノ?

f:id:GRGR_BG:20180817074007j:plain

結局クリーチャーの線の細さは解消されず。線の細さを《ロクソドンの戦槌  /Loxodon Warhammer(MRD)》で何とかする(したい)謎デッキ爆誕。そして相変わらず青メインなのにカウンターが《対抗呪文 / Counterspell(7ED)》1枚のみ。(一応《誤った指図 / Misdirection(MMQ)》も入ってるけど)

f:id:GRGR_BG:20180817075109j:plain

将軍じゃ厳しいかなぁと思ったけど、たまやんが緑だったおかげで1戦目は2ターン目に出した《生命のタップ / Lifetap(5ED)》が地味に働きライフ安全圏を確保。《Thawing Glaciers(ALL)》で土地を伸ばし、《未来予知 / Future Sight(ONS)》でチマチマカードアドバンテージを取る。

《悪魔の布告 / Diabolic Edict(TMP》2枚でブロッカーを排除して、きっぺーさんの《変異種》と共に《双子エンジン》《黒騎士 / Black Knight(5ED)》で殴り、waaan必殺の《旗艦プレデター / Predator, Flagship(NEM)》をカウンターした所で相手投了。

...まぁ、デッキのコンセプトなんてこの環境じゃぁ実際に成立する方が少ないよねw

 

2戦目は逆にこちら側が押され気味。眼の前の脅威は《悪魔の布告》を2回打った上に、《ヨーグモスの意志 / Yawgmoth's Will(USG)》経由でさらに2回打つことで取り除いたんだけど、今度はwaaanの《旗艦プレデター》が通ってしまう。

アレを割らないと確実に負けるなぁと思った次のドローで《Demonic Tutor(3ED)》をトップデック!

よっしゃー、《解呪》カモン!

 

...デッキに入れてねー(苦笑) なぜ抜いたし。

もう1順だけ回して投了。

この段階でジャイがお時間となったんで、折角だからと持ってきたボドゲをいそいそと取り出す。

 

『我流功夫極めロード』

3-5 players.

たまやん、きっぺーさん、waaan、トミー。

f:id:GRGR_BG:20180817081302j:plain

厨二病溢れるゲームなんだけど、俺とかwaaanみたいに「ちょっと拘りたい」人には中々厳しいな(苦笑) どうしても意味のある言葉を完成させたがってしまう。

ミープルでやるにしても、笑いのハードルが低い人じゃないと受けが悪そう。

 

『トゥーアンリミテッド / Unlimited Fugo』

3-6 players.

同面子。

f:id:GRGR_BG:20180817081944j:plain

いわゆる最近のボドゲはほとんどやってない面子だけど、トミー除いて『カタンの開拓者たち / Die Siedler von Catan』は一時期週一で3回プレイとか、たまやんきっぺーさんwaaanに至っては高校時代に『モンスターメーカー』をしこたまプレイしてたらしいんで、そんじょそこらのゲーマーよりはよっぽどゲーム勘あるわ。

1回やって終了するつもりだったけど、たまやんが「喋りながらでもどこへ食べに行くか相談できるやん?」と言い出して、結局3回プレイ。

「何だかんだ言って数字がデカい方が強いな」「チップ返さずにパスするのは勿体無いから早めにチップ取るべき」みたいな発言がバンバン出てくる。いやさすが。

 

 

14日の面子はたまやん、ますじさん、ジャイ。

この日は0300~0500という微妙な時間だけ仕事してたのが祟って寝落ちし、慌てて出発したら途中で携帯忘れたのに気づいたものの、さすがにそれ以上遅れるのもアレかと結局携帯携帯しないままだったんで、写真もナシ。

 

4人でのプレイだけどいわゆる「双頭巨人戦」ではなく、基本的にはアタックレフトでライフだけ共有するルーリングでやっとります。

1戦目は白青で《神の怒り / Wrath of God(7ED)》《報いの波 / Wave of Reckoning (MMQ)》のリセット、《時のらせん / Time Spiral (ULS)》《パリンクロン / Palinchron (ULG)》のフリースペル2枚が目玉。

...だったはずなんだけど、仕事をしたのは地味にカード引きまくった《リスティックの研究 / Rhystic Study(PCY)》と、カード引きまくったおかげで土地が並び、毎ラウンドトークン4体生成(増えるのは3体)した《聖なるメサ / Sacred Mesa(MIR)》だったとさ。

 

2戦目は青緑タッチ黒デッキで、《適者生存 / Survival of the Fittest(EXO)》で適当なクリーチャーを引っ張ってきて、捨てたクリーチャーは《起源/Genesis(JUD)》や《ヴォルラスの要塞/Volrath's Stronghold(STH)》で再利用。2枚の《時間のねじれ / Time Warp(TMP)》をはじめとするソーサリー、インスタントも《ブージーアムの輪 / Bosium Strip(WTH)》で再利用と、かなり墓地活用を意識したデッキ。クリーチャーは《極楽鳥 / Birds of Paradise(4ED)》《ヤヴィマヤの農夫 / Yavimaya Granger(ULG)》《ヤヴィマヤの古老 / Yavimaya Elder(UDS)》などでマナ基盤を安定させ、《クローサの拳カマール / Kamahl, Fist of Krosa(ONS)》《ルートウォーターのハンター / Rootwater Hunter(TMP)》で土地破壊してみたりと、ギミック満載。

しかしそういうデッキに限ってギミックが回らない訳で(苦笑)

1試合目は《ネビニラルの円盤 / Nevinyrral's Disk(4ED)》を避雷針にして《釣り合い / Equilibrium(EXO)》でクリーチャー戻して時間を稼いでいると、ジャイが《厳然たるスフィンクス/Magister Sphinx(CON)》で相手のライフを25点削って相手が投了。もう1試合は《クローサの拳カマール / Kamahl, Fist of Krosa(ONS)》が殴れる状況で《時間のねじれ / Time Warp(TMP)》を2連続で打つも、《ナイレアの弓 / Bow of Nylea(THS)》で回復した3点だけ削れず負け。

 

3戦目はジャイが友情コンボ炸裂させまくり(苦笑)

ジャイが《オークの移住者 / Orcish Settlers(WTH)》を出した後、《ほとばしる魔力 / Mana Flare(5ED)》を出したものの、ますじさんから《なだれ乗り / Avalanche Riders(ULG)》が出てきて逆に土地をぶっ壊され、次のターンに土地2枚しか壊せず。さらにはたまやんに《恐喝 / Extortion(MMQ)》を打たれて手札が土地だけに。

トップデックに頼らなければならなくなったジャイ、手札にクリーチャーが無い状態で《流転の護符 / Quicksilver Amulet(ULG)》を出す悲しみ。しかし俺がX=6の《Braingeyser(3ED)》でジャイにカードを引かせ、これで何とかなるだろうと思ったら...引いたカード全部ノンクリーチャーw

何もしないのもアレだという事で《旗印 /Coat of Arms(EXO)》を出したら、直後にますじさんが打ったのがキッカー付きの《征服者の誓約/Conqueror's Pledge(ZEN)》で、場には《ダウスィーの大将軍/Dauthi Warlord(EXO)》がいたので、13/13クリーチャーが12体登場するという(苦笑)

 

さすがに投了。そしてお時間になったのでお開き。

次は正月開催かなぁ。