読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

機上の九龍

kowloon on aeroplane

@Meeple 160820 part.2

アグリコラ:リバイズドエディション / Agricola (Revised Edition)』

1-4 players.

面子はルパンさんまなを氏イナさん。

番手はルパンさん俺まなを氏イナさん。

f:id:GRGR_BG:20160822080735j:plain

今回はオプションボード追加で。旧版4グリだと増員が厳しい点が好き嫌い激しい原因になってたんで、リバイズド4グリは基本アリの方向かも。画像左上の「羊飯」「増員」がそれ。

ただまー「小劇場」が飯オンリーなスペースになったんで、増築レディの争いはむしろ激化してるんですけども。

f:id:GRGR_BG:20160824101126j:plainf:id:GRGR_BG:20160824101132j:plain

初手職業は《季節労働者》《夢遊病者》の2択。好みで前者。

進歩は割と強いかなぁ。その中でもノーコストの《踏み粘土》で。

これで《粘土層の窪地》が回ってきたらいい感じなんだけど...

f:id:GRGR_BG:20160824101912j:plainf:id:GRGR_BG:20160824101918j:plain

(゚∀゚)キタコレ!! これで勝つる。

そして職業が《小作人》《学者》《小売人》て。コレは悩む。

バイズドでは《小作人》が妙に強いような気がしてるんだけど、柵は《踏み粘土》《粘土層の窪地》あれば引けそうな気がするし、《粘土層の窪地》出すんなら早めに出す職業が欲しい気がするんで《学者》先生も違うような。という事で《小売人》を選択。

f:id:GRGR_BG:20160824110310g:plain

結局こんな感じに。《移動住宅》強いと思うんだけどなぁ...

あと、3手目職業で悩んで《猪飼い》取っちゃったんだけど、《紙すき》流れてきて《家庭教師》でトライすりゃ良かったと後悔。

そして今見返すと、《執事》じゃなくて《羊使い》取ってるのも疑問手だよなぁ。早めに職業出したい上に木材ブーストが条件微妙な《深い森》だけ、さらには相性の良い《移動住宅》も取ってるんだから。そもそも《羊使い》自体がアレだし。

f:id:GRGR_BG:20160825062853j:plain

結局大進歩で9点、石の家で6点稼いだものの、正直石の使い方間違った感。

《石窯》(《石の暖炉》と同じ)は畑で蒔いた小麦ではなく《季節労働者》で取った小麦を使ったため後が続かず、《紙すき》もさして出して効果的な職業が残っていなかったため2木で5飯にしかならず、《井戸》の4点はともかく4飯は焼け石に水。

今から考えると、せっかく《粘土層の窪地》あるんだから早めに《製陶所》をキープしつつ、4人になった段階で畑を耕して小麦を植え、《紙すき》で職業出しつつ《かまど焚き》の効果で《レンガ暖炉》のパン焼きプレイってなれば《羊使い》でも木1で7飯行動とかなってたのに。

あと、飯がチャリンコ気味だったってのもあるけど、《小売人》が微妙に使い辛い。野菜2つ取る目的なら何も問題ないけど、葦を取るのに飯3要るので増築財としてはコストが重く、石を取るのも飯1余計に必要だったりと、序盤のピンポイント資材獲得には若干向いてない感。

f:id:GRGR_BG:20160825064800j:plain

そんな事もあってか、結局1点差の46点(《執事》ボーナス3点含む)で3位。うーん惜しい。

パン焼きプレイやった事あればこのドラフトでも勝てたのかもなぁ。

 

アグリコラ:リバイズドエディション / Agricola (Revised Edition)』

1-4 players.

まなを氏イナさん。番手不明。

f:id:GRGR_BG:20160825090841j:plainf:id:GRGR_BG:20160825090845j:plain

職業は5グリだったら《小売人》1択だけど、先ほどのプレイでそこまでの強さは無いのかなぁと。《紙すき》《鋤職人》《生け垣管理人》どれでも結構役に立つけど、《神父》との相性を考えて《鋤職人》で。《学者》流れて来ればいいんだけどなー。

進歩は《機織り機》でしょうよ。

f:id:GRGR_BG:20160825091500g:plain

3手目進歩の画像撮り忘れたんで一部不明。にしても《深い森》取るくらいだったら《大温室》でいいような? 確かに《季節労働者》で野菜は採れるんだけども。

というか毎回毎回日雇い系ばっか取ってるなw

無事《学者》を取れ、《小作人》も確保出来た上に改築事故を防ぐ《日雇い農夫》も取れたんで、今回は2軒石の家で。「手数は正義」と言うけれど、必ずしもワーカーの数が手数では無いという事を《学者》《鋤職人》のコンボで見せつけてやるぜ的な?

...そのコンボに「日雇い暴力」という、純粋に手数が必要なマイナーアクション強化を組み込むのはどうよ?という話はさておき。

 

ところが意外といい働きはして。

f:id:GRGR_BG:20160825092457j:plain

改築も増員もめくれない中、《日雇い農夫》経由で改築し、《小作人》の木で柵を引いて猪を確保。先ほどのプレイの反省を踏まえて《製陶所》を取りつつ、《神父》出して資材を捻出し9R目に石の家に改築しての《学者》。結局1R目に出した《小作人》は木13本降らせたことに。

f:id:GRGR_BG:20160825093447j:plain

盤面もそこそこ確保は出来たかなぁと。とは言え、

f:id:GRGR_BG:20160825094107j:plain

まなを氏が家畜繁殖させまくってたんで、あーこれは負けたかーと思ってたら、3点差の44点で1位。結果的には《製陶所》と《イチゴ花壇》が効いた形だったかも。

で、一応勝ったものの反省点もあって。

《ガラスビン》は増員する前に出しとけよということと、3かまで猪喰ってたこと、そして何より石3つ余らせたこと。さすがに50点には届かないにせよ、あと2~3点は伸びてる筈だし。

 

石の家2軒戦法が一応形にはなったけど、運良く《学者》《鋤職人》《小作人》が集まったからってのはあるし(《小作人》はフツーに流れてきそうだけど)、確固たる戦法になるかはまだ何とも言えない感じなのかねぇ。