機上の九龍

kowloon on aeroplane

@Meeple 181104

やったゲームは

  1. 6ニムト / 6 Nimmt!』
  2. 『ノイ / Neu』
  3. パンデミック:レガシー シーズン1 / Pandemic Regacy : season 1』
  4. 『たのめナイン』
  5. 『テレストレーション / Telestrations』
  6. 『バスルートをつくろう 京都市交通局 市バス90周年記念版 / Let's Make a Bus Route; Kyoto City Bus 90th Anniversary Edition』New!
  7. テラフォーミング・マーズ / Terraforming Mars』

注:『パンデミック:レガシー シーズン1 / Pandemic Regacy : season 1』はネタバレ含みます

 

この日は先月同様M's Barへ行く予定だったんですが、2日前にタニさんが来るという話だったんでキャンセル。

...どのみち体力的に行けなかったっぽいけど(苦笑)

祝日があっても休日増えないくせに仕事はきっちりシフトしてくるんだもんなー。1日なんて過去最大の仕事量だったし。さすがに手伝ってもらったけど。

 

6ニムト / 6 Nimmt!』

2-10 players, BGG best 5-6 players.

ルパンさんウメさんマツダさん初見のカップル。

初見のカップルは、女性がほぼゲーム経験なし、男性はある程度定番のゲームはやったっぽい感じ。なのに『ニムト』はやってないとなればほぼ強制ですよね。

f:id:GRGR_BG:20181106143638j:plain

慣れてないメンバーが混ざると基本的に最大数を置くのはセオリーかなぁ。

1ゲーム目は男性が「集めたら勝ち」と勘違いしたと思うくらいにナチュラルに掻き集めるw

1戦目5点、2戦目1点でトータル数なら勝ててるはず。

 

この後『王位継承 / King Me!』をインストしてる最中にタニさん来店。ルパンさんが抜けようとしてたけど、飯食う暇が無かったんで丁度いいやと抜ける。

f:id:GRGR_BG:20181106144207j:plain

ミープル2軒隣にある『レッドロック / Redrock』のローストビーフ丼。本店は三宮にあり、開店当時には長蛇の列をなし、最近でも昼時にはちょくちょく並んでる店。

確かに残念なローストビーフにありがちなパサパサ感は無いんだけど、じゃぁ美味いかって言われると...便利な場所にあるからもう一回行く事もあるかもしれんけど、積極的に行きたい感じではないなぁ。

 
『ノイ / Neu』

2-7 players.

同面子+タニさん。画像なし。

ルパンさんがインストしてる最中にマツダさんが「ターンが、ターンが」と叫びだす。いやフツーに『ウノ / UNO』のリバースと一緒でしょうに何言ってるのと思いながら。

 

パンデミック:レガシー シーズン1 / Pandemic Regacy : season 1』

2-4 players, BGG best 4 players.

ルパンさんイナさんタニさん。

我々は医療に従事する者として、患者を救うことを使命として働いてきた。それを誇りとしてきた。

ウイルスが未知の進化を遂げた後、我々は使命を達成できず、誇りは踏み躙られた。我々の出来ることは患者を隔離し、地域を封鎖し、時には患者を殺めることだけだった。核のボタンでさえ選択肢に入ることがあった...しかも極めて合理的な手段として。

数多の裏切りと妨害を乗り越え、逆に数多の協力を得て、我々はようやく本来の使命を全うできる環境が整った。苦渋の決断を過去のものとするべく、我々は戦い続ける。

という訳で、アレを何とかする手段をようやく手に入れた訳ですが。

別の基地(工場)を作れと仰る。

これは1回でクリア無理ねと全員が聞いた瞬間に思う(苦笑)

新しいキャラが明らかに強い上に、いままで軍事基地を拠点に活躍してたキャラが軍地基地を破壊せよってミッションのおかげで弱くなったんで、こりゃ入れ替えでしょうとイナさんに交換してもらう。

f:id:GRGR_BG:20181108155529j:plain

初手で割と良い特殊カード引いたのもあって途中は何とかなりそうな感じがしたものの、やはりそう甘くはなく。

f:id:GRGR_BG:20181108154905j:plain

北米でアウトブレイクの連鎖が起こってあえなく人類滅亡。

気を取り直して2戦目。

f:id:GRGR_BG:20181108155637j:plain

今度はバリケード封鎖してる2箇所に3湧きしたため、アウトブレイクのリスクがかなり少ない状況。

その上カードの引きが良く、青黄は2枚トレードで治療薬完成、赤に至っては俺が5枚引く始末。一時期サンチアゴアウトブレイクの危機だったけど、ルパンさんがたまたまサンチアゴのカードを持っていて、飛んで除去した直後にサンチアゴがめくれるといったナイスなプレイもあって、赤根絶した上にゲームクリア。

これで後は12月を残すのみ。

12月はミッション2つでクリアなんだけど、恐らく「3つの治療薬完成」の通常ミッションと、「褪色都市全てにワクチン接種」の2つじゃねーかなぁ。

ただ、シール枚数は全都市分あるんでひょっとしたら...(苦笑)

 

『たのめナイン』

2-5 players.

同面子。

f:id:GRGR_BG:20181108160909j:plain

フツーに良いゲームなんだけど、気心が知れたメンバーでやると格別。この日一番面白かったゲームは『レガシー』の2戦目だけど、一番盛り上がったのはコレだったな。

 

『バスルートをつくろう 京都市交通局 市バス90周年記念版 / Let's Make a Bus Route; Kyoto City Bus 90th Anniversary Edition』

2-5 players.

イナさんタニさんウメさん沈さん。

今春発売されたSaashi & Saashiさんの『バスルートをつくろう / Let's Make a Bus Route』の京都市バスバージョン。Saashi & Saashiさんの出されるゲームなので、英語マニュアルはいつもの通りCafe Meepleのオーナー、ネイトの訳。

f:id:GRGR_BG:20181108161247j:plain

恐らく通常バージョンと内容は、バスのデザインが京都市バスになっただけか。

ああ、もう一つ変更点あった。『バスルートをつくろう』では自分の名前を書く欄が「〇〇バス」だったけど、こっちは市バス限定なんで「〇〇系統」に(細かい)

ルートのうち「I」の部分と初期配置が近かったんで、たぶん引きは良かったんだろうけど

f:id:GRGR_BG:20181108161902j:plain

素直に東進すりゃいいものの、何故か一旦南西角まで行った後、東進して鴨川沿いを北上するルートに。どうしてこうなった...

とは言え何とかルート達成しつつ、混雑マジョリティはタニさんが取ることになったため、57 54点で勝利。

 

で、初めてプレイしてみたんだけど...いやぁこれ素晴らしいな。

www.youtube.com

hal99さんも仰ってますけど、例えば『カルバ / Karuba』『汽車は進むよ / Jedzie pociąg z daleka』のように個人ボード上に地図を作るゲームは最近多いかもしれません。むしろそういうのが新しいのであって、共通ボードを使ってルート作成するってのはクラシカル...例えば『エルフェンランド / Elfenland』『乗車券 / Ticket to Ride』のような状態に戻したと言えそうです。

じゃぁそれらのゲームとはどう違うの?って話ですが。

『エルフェンランド』『乗車券』では手札を使って移動したり線路を引いたりしていたのを、山札をめくって出た色によってどれだけ進めるかが決まるのが違う点でしょう。

普通のゲームなら各々がカードを引くことによってランダム性を出しますが、このゲームでは個人ボードで進む数や曲がる回数を変化させる...例えば赤がめくれたらあるプレイヤーは直進2、別のプレイヤーは直進+右左折といったように、1枚のカードで全てのプレイヤーの動きを決める所が斬新かなぁと。他にこういうゲームあるのかもしれませんが。

この山札は初期配置を決めるカードを兼ねてるって辺りもコンポーネントの省略につながっていてアイデアだなぁと感心します。

あともう1つ。バスのゲームなんで当然ながらピックアンドデリバー(Pickup and Deliver)の要素もあるんですが、フツーのピックアンドデリバーは「資源を調達する」「資源を売る」といったような、2つある目的地を順に繋ぐことが目的になると思います。このゲームではどちらかと言うとバスルートを伸ばすと勝手に乗客が乗ってきて勝手に降りていくといった趣で、やたらと軽い。軽すぎて通勤客拾う前に駅を通過しちゃうくらいにw

どちらかと言うと初期配置からボーナスカードを満たすルートを構築する上で、どういう経路を辿るとピックしてデリバー出来るかを考えるという感じになりそう。一応点数としては半分くらいにはなるんで、疎かには出来ないんだけども。

で、共通ボード上にルート構築する割には意外とインタラクションが薄いのも特徴かなぁと。『エルフェンランド』なんかは他のプレイヤーにドラゴンのパネル置かれて閉口したりするけど、このゲームでは渋滞する場所が増えるのと、2つのボーナスの早取り要素くらいなもんで。渋滞もマジョリティさえ取らなければマイナス点喰らわないのでそれほど重くはない。渋滞1箇所毎に-0.5点とかだとかなりシビアになっちゃうけど、ラウンド毎に何マス進めるかが勝手に決まるから、たぶんこのくらいが丁度いいんでしょう。

Saashi & Saashiさんのゲームってどこかケレン味がある印象があったけど、コレは割とライトな仕上がりでそれが成功してるように思えます。個人的にはかなりオススメ

 

テラフォーミング・マーズ / Terraforming Mars』

1-5 players, BGG best 4 players.

同面子。

f:id:GRGR_BG:20181112015711j:plain

夢のない2択。

f:id:GRGR_BG:20181112015944j:plain

f:id:GRGR_BG:20181112015955j:plain

しかも生産力上がるカードが《チタン鉱山 / Titanium Mine》のみという、割と悲しいプロジェクト。こうなったら【インヴェントリックス / INVENTRIX】に掛けるしかないかー。

f:id:GRGR_BG:20181112020114j:plain

 《巨大氷小惑星 / Giant Ice Asteroid》はいい引きなんだけど、3MC足らないというね...

f:id:GRGR_BG:20181115092159p:plain

5人戦で10R決着とは言え、出せたカードが16枚。

(※《大輸送船団》はキープしたが結局打てず)

f:id:GRGR_BG:20181114163720j:plain

最後の方まで生産力上げるカードが《チタン鉱山 / Titanium Mine》だけでも厳しいのに、その上ハッカー喰らったり植物焼かれたり食われたりウイルスばら撒かれたりと散々(苦笑)

f:id:GRGR_BG:20181115092626j:plain

結局46点でラス。というか50点割った記憶ないんだけど...