機上の九龍

kowloon on aeroplane

@Meeple 180401

f:id:GRGR_BG:20180407191847j:plain

やったゲームは

  1. 『サグラダ / Sagrada』New!
  2. テラフォーミング・マーズ / Terraforming Mars』(2R)
  3. 『通路 / Tsuro』
  4. 『ロンド / Rondo』
  5. 『メモアール! / Memoarrr!』
  6. 『クラッシュアイスゲーム / Crash Ice Game』
  7. ブロックス / Blokus
  8. バトルライン / Battle Line』
  9. 『ゼロ / Zero』

この日は大阪ゲームマーケットに行ってたんですが、当日朝までこのエントリー書いてたんで徹夜するハメに。それでも会場時間に30分遅れるというね。

でまぁそんな状況だったんで事前情報はほぼ入れない状態。一応カタログは読んでたんですけど、今回は全くピンと来るのが無かったんで大丈夫かなぁと思ってたら、実際会場うろついてもほとんどピンと来るゲームが無かったなぁ...

予め買う予定だった『アルケミスト』等(GARGONs)と、『百科審議官』(数寄ゲームズ)以外で買ったのは、見たら買うと決めていた『サグラダ / Sagrada』(イエサブ)と、唯一ピンと来た『フォントかるた』(フォントかるた製作チーム)だけ。

『フォントかるた』は完璧な一発ネタゲーだし、『アルケミスト』はダウンタイムが相当長いゲームなんで個人的な趣味からは外れてるし。『百科審議官』はワードゲームの3人専用という時点でこのゲームを出すのがベストという状況はありそうなんだけど、割とゲーム勘が必要な気がするので出し易いゲームかと言われると怪しくて。まぁ実際やってみん事には分からんですが。

あと、このテのイベントでは何かしらの本を買うんですが、あると思ってた『テラフォ』攻略本はまだ脱稿してなかったし、『Glass Road』#3も無いし(これはさすがに事前に調べてた)、他に何かないかと回ってもそれらしきものが見つからなかったんで、結局『ボドゲで遊ぶよ』しか買えず。正直物足りない感はあったなぁ。

 

で、この日はネイトが福岡から来ていて、後で店に寄るって話だったんで俺もミープルへ行くことに。会場を1時に出て、どっか飯喰う所ないかなーとATC寄ったものの微妙なところしかなくて杵屋で済ますというやっぱり残念な感じに。

 

そしてミープルに到着しても常連がルパンさんとマツダさんしかおらず、その二人が『テラフォ』2人戦やってて、かつフリーの客も全く来ない状態。

どーもこの日はやることなす事上手くいかん(苦笑)

 

『サグラダ / Sagrada』

1-4 players, BGG best 2 players.

ルパンさんマツダさん。

 

『テラフォ』2人戦が終わって、さぁ3人でやりましょうかと思ったら、ルパンさんに別のゲームをやりたいと言われる。

まぁ2人戦だとドロー強化カードをどれだけ引けるかが勝敗に直結してるんで、序盤に【開発センター / Development Center】【立ち入り制限区 / Restricted Area】出された上に5R目くらいに【AIセントラル / AI Central】引かれたらフルボッコだよねぇ(苦笑)

 

という事で、買ってきた『サグラダ』を早速プレイ。

2回目は『ロンド / Rondo』の後に初見のお客さんとタケシタさん。

f:id:GRGR_BG:20180407235457j:plain

去年に引き続き『蒼猫の巣ゲームオブザイヤー2017』をニコ生で見てたんですけど、その中でピンと来たゲームのうちの1つ。ちなみに他に目星を付けたのは、既に購入した『バニーキングダム / Bunny Kingdom』『光合成 / Photosynthesis』『クランズ・オブ・カレドニア / Clans of Caledonia』と、暫く出回りそうにない『クイビット / Quibbit!』。まぁ『クイビット』はすごろくやが出してるっぽいんで再販の目はありそう?

 

で、やる前から分かってた事なんですけど、『アズール / Azul』とだだ被りだな(苦笑)

美麗なコンポーネント、四角形のマスを埋めていくセットコレクション、4人までプレイできるけど所謂「お仕事」が重要なゲームなんで2人ベストな所まで一緒という...

客観的にみればルールの纏まり具合からして『アズール』の方が上かなぁと。

 

ただ、個人的にはこっちの方が好み。

より戦略性が高く、1色の出目が得点になる(画像だと緑なので18点)んだけど、それが隠匿情報なんでどのダイス目を取るかで駆け引きが出来る所がいい。

さいころの出目が6種類あるのは当然だけど、5色縦5列横4行と微妙に出目と色、縦横でバランスが違ってるので、例えば出目指定の方が色指定より条件が厳しいといういったような、ちょっとだけ考えればすぐ分かるようなコツがあるのもいい。

あと共通項目の中に明らかに得点効率の低いカードがあるんだけど、そのカードがこのゲームのコツを暗に示唆してたりとか、個人ボードのステンドグラスもカードの上に置けばプレイ自体は可能だったり、そもそも上半分は単なる飾りで全く必要が無い辺りがステキ。

去年初プレイで鳥肌が立つくらい面白いと感じたゲームは『トゥーアンリミテッド / Unlimted Fugo』『センチュリー:スパイスロード / Century: Spice Road』の2作だったんだけど、このゲームにも鳥肌が立った。まぁヘビーローテーションはしないだろうけども。

基本的には『アズール』の影に隠れるゲームにはなると思うけど、ゲーム勘ある人にはこっちを出すかもなー。

 

1戦目は出目の点数を途中まで忘れてた事もあって最下位、2戦目もあまり上手いこと回らず2位。

 

テラフォーミング・マーズ / Terraforming Mars』

1-5 players, BGG best 3 players.

ルパンさんマツダさん。

ルパンさんの心の傷が癒えた所で結局やるというねw

f:id:GRGR_BG:20180408014433j:plain

企業はこの2択。自分の分析だとどっちも多人数向けでうーん...

f:id:GRGR_BG:20180408014511j:plain

f:id:GRGR_BG:20180408014526j:plain

少人数では必須のアクティブなドロー強化カードは引けず。いやまぁ一応【オリンポス会議 / Olympus Conference】もそうなんですがー。

初手で建材を半分も使えない時点で【惑星間シネマティックス / INTERPLANETARY CINEMATICS】はノーサンキュー。つかこの企業、建材を消費できるイベントカードが存在しない時点で使う事あるんかいな感。

引いたカードの中で【地球カタパルト / Earth Catapult】は初手マスト。【委員会買収 / Bribed Committee】も続けて打ちたい。【燃料工場 / Fuel Factory】も出せるに越したことはない。

6枚キープしたとして...

(計算中...57-18-(23-4)-(7-2)-11-(6-2)=0 )

f:id:GRGR_BG:20180408024257j:plain

おお、3枚のカードきっちり使い切れるじゃないの。ごめん見直したわ【credicor /クレディコー】

1Rでいきなり実質MC産出+3とチタン+1に加えてカードコスト-2って、割と理想的じゃないの。

とは言え打てるカードは打ったんで、次のラウンドに動けるカードを引きたい所なんだけども...

f:id:GRGR_BG:20180408024327j:plain

うんハズレ。スタピーなのにハードパス。

ルパンさんもマツダさんもドロー強化カード打ったんで、差が開きそうだなーと思ってた矢先に、珍しく客として来たタケシタさん登場。

ネイトが来るからと戻ってきたとかで。

そもそもこのゲーム所有してるのタケシタさんで、日曜だとタケシタさんと重いゲームプレイする機会はまず無いんで、これ幸いとゲーム中断してタケシタさんを誘う。

...ドロー強化カード持ってても誘ってるとは思うんだけども(苦笑)

 

ところが準備をしてる段階で初見のフリーのお客さん登場。イシカワさんから「混ぜて貰えませんか」と懇願されて渋々了承。

うーん、なんか今日はこんな日、だな(苦笑)

 

『通路 / Tsuro』

2-8 players, BGG best 4,6 players.

ネイトさんルパンさんマツダさん初見のお客さん。

インスト途中にネイトが来て1戦目は参加。

f:id:GRGR_BG:20180408025616j:plain

やっぱいいゲームだなー。10分で終わるのにちゃんとボードをつかったゲームで遊んだ感のあるゲームって他に思いつかない。再販されてもいいと思うんだけどなー。

ちなみにアプリもあるんだけど、無駄にグラフィックが美麗でステキ。

 

『ロンド / Rondo』

2-4 players.

ネイトさんルパンさん初見のお客さん。

f:id:GRGR_BG:20180408030153j:plain

一応2013年のSDJノミネートなんだけど、『ラ・ボカ / La Boca』同様売ってるの見たことないなー。ネイトが福岡に持ってったんだけど、「京都に持って帰って来て欲しいゲームある?」ってtwitterで聞いた時にルパンさんがこのゲームを出したんで、久々にプレイできることに。

5枚プレイ→2枚引く→2枚引く→5枚プレイ のルーチンをひたすら繰り返すことになりがちな点だけがちょっとアレなんだけど、状況によっては5点のカードをカットするために3枚でプレイする必要があったりと、結構、いやかなり嫌らしいゲーム。

いやもークニツィアらしさ満載ですよ。

ネイトとはさんざんやった記憶はあるんだけど、ルパンさんから「俺GRGRさんとやった事あったっけか」と言われるという。

後で調べてみたら2年以上前、ルパンさんも俺も初プレイの時に1回やったっきりという。そりゃ記憶に無いわ。

一時期は10点以上差を付けたトップだったんだけど、残り枚数を加味すればアドバンテージが2~3点という状況。最後の2手番の引きが悪くルパンさんにトップを捲くられる。初プレイの人とネイトが混じってもこんだけしか点数差が付かないってのも良いゲームだなぁ。

 

『メモアール! / Memoarrr!』

2-4 players.

タケシタさん、初見のお客さん2人。

f:id:GRGR_BG:20180408103114j:plain

やっぱ出しやすいなこのゲーム。持ち主のタケシタさんとプレイするの初めてなんだけど、若いのに俺より弱いってどういう事よ...

 

『クラッシュアイスゲーム / Crash Ice Game』

2-4 players.

ブロックス / Blokus

2-4 players, BGG best 4 players.

同面子。

f:id:GRGR_BG:20180408103336j:plain

まぁこの辺りは定番。『ブロックス』で勝ったの久々な気がするが、初心者2人いたらそりゃ勝てるか。

 

バトルライン / Battle Line』

2 players only.

後から来た方の初見のお客さん。

1戦目はやたらと引きが良くてウェッジ(Wedge)がハマりまくり。

2戦目は逆に引きが悪くて負け。公平にやろうとするとやっぱ3戦は必要だな。

 

『ゼロ / Zero』

2-5 players, BGG best 4 players.

イシカワさんモリモさん初見のお客さん。

f:id:GRGR_BG:20180408103853j:plain

初見のお客さんが「こーいうポーカーみたいなゲーム好き」って話を『バトルライン』プレイ後に言ったんで、じゃぁ『ゼロ』かなぁと。

このゲームも何気に数字は1-8まであるけどスートは7色なんよね。5枚以上なら色も数字も集めた分だけ失点しないけど、4枚なら数字は1枚分だけの失点、色なら全部失点になるという非対称性がゲームの肝ってのもいいなぁ。と改めて。

対称性がある方が美しいんだけど、非対称性があると個性が出る訳で。

2戦目は2回ノックされた後にゼロ決めて勝利。やっぱゼロ決めると気持ちいいやね。