読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

機上の九龍

kowloon on aeroplane

@Yellow Submarine Kyoto / Meeple 161002

やったゲームは

  1. アグリコラ / Agricola』
  2. アグリコラ / Agricola』
  3. 『ピラニアペドロ / Piranha Pedro』
  4. 『私の世界の見方 / Wie ich die Welt sehe...』
  5. ノイシュヴァンシュタイン城 / Castles of Mad King Ludwig』

 

参照ブログ

Lupin's Weblog : 単なる酔っ払いの戯言

*京都ドミニオン&アグリコラ 10月例会@イエローサブマリン京都店

 

この日は京都に行く予定は無かったんですが...

駅で用事を済ませた(と言うか先送りになった)のが、ちょうど京都へ向かうと1時になる時間だったんで、思わずふらふらとw なのでビデオカメラも持参せず。

で、イエサブに顔出したらちょうど14人だったんで、まぁ入れられるよねぇ(苦笑)

これで2ゲーム目、11人になった時に「じゃ抜けます」て言ったら人数調整役としていい仕事したと言えるんだけど、先にルパンさんに言われちゃった。あーいう時はサクっと言わないとなぁ。

 

でまぁtwitterでブログの更新時間見てる人は分かるかもしれませんが、この日もあんま寝てませんw

 

アグリコラ / Agricola』

1-5 players, BGG best 3-4 players.

番手はヒダカ3さんヒダカさんあきおさん俺エダさん。

ちなみにイエサブ例会にはヒダカさんが3人いるとかで... 誰か何か愛称名乗ってw

 

初手の職業は《小売人》で文句なし、進歩はまーまーの進歩が並んだ中で《畑》。

2手目職業は《家庭教師》をスルーしつつ《畑商人》、進歩は未だにつかいこなせた試しのない《酒場》。

そして問題の3手目。

 

進歩の5枚のうち4枚を見て吃驚。

 

《カブ畑》《ヤギ》《毛皮》《檻》

 

...え? 上家の2人が何取ったらこんなん残るんだ?

元々強い上に《小売人》との相性も良い《カブ畑》をピック、これなら畑5枚行く価値あるだろうと職業は《鋤鍛冶》で。

f:id:GRGR_BG:20161003052053g:plain

結局こんな感じに。畑関係は充実してるものの、それで喰うという感じでもなく、どちらかというと尖る方向ではなく底上げされてる印象。序盤の食料と、資材ブーストが《倉庫主》くらいなのが不安なところ。

 

ところが今回、期待は裏切らず、予想は裏切る展開に。

原因は2つあって、あきおさんが《家庭教師》と《パトロン》《書き机》か何かを並べてステージ1の段階で職業7枚並べるという超展開(苦笑)

おかげで石葦木や木4が取れる取れる。

もう一つの原因がR1めくれが羊で、だれもかまどに行かない謎展開。おかげでステージ1、2共に羊3取れる僥倖。

 

喰える、喰えるぞ!

 

さらに飯が苦しくなった時に《かめ》の4飯が降ってきて、盤面構築に集中出来る。

こうなると展開にも余裕ができてくる訳で。

《倉庫主》で木2レン2増やし(R14でも石1増やす)、増築→改築→レンガ増築といい流れ。その合間に《畑》打ちつつ《カブ畑》で《小売人》の小麦と野菜を増やし、柵も引いて家畜を確保。さらには《鋤鍛冶》で畑2枚増やして準備万端。

 

...しかしR10の4手目で致命的なミス。何もすること無いやーと《薬草畑》を打ってしまう。

これでR11の2番手1手目で打てる進歩が無くなり、R12にめくれた畑種には行けずに畑、種パンに行かざるを得ず、その手番損が響いて《酒場》も出せず。

f:id:GRGR_BG:20161003054607j:plain

(家は石の家4軒)

f:id:GRGR_BG:20161003054616j:plain

最終的にはあきおさんに1点差の48点で2位。最高得点タイを叩き出せたのは非常に良かったけど、カードに恵まれ、展開も向いたにも関わらずトップ取れなかったのは惜しいなぁ。

まぁ「惜しい」と言えるゲームが出来るようになっただけでもかなり進歩したかなぁ。

 

ちなみに後で「ヒダカさんの初手進歩何をピックしたん?」って聞いたら《パン焼き桶》で、あきおさんは《折り返し鋤》だったらしい。さらにはあきおさんの7手目が《檻》という。まぁ確かにヒダカさんの職業が《ほら吹き》だったから、6手目でも《檻》は取れなさそうだけど。

ちなみに写真はルパンさんにカメラ借りました。

 

アグリコラ / Agricola』

1-5 players, BGG best 3-4 players.

まなを氏あきおさんヒダカさんと、後1人はヒダカ2さんだっけか...

1戦目の健闘に気分よくなるも、スイマーがジョジョに襲ってくる。

職業が爆発。《毒味役》《レンガ職人》《レンガ屋》《キノコ探し》《てき屋》《村の長老》に加えて「やぁ」

うわー、《毒味役》流すのか。まぁ下家がSP取らないってのをポジティブに考えるしか。

コレ《村の長老》も回ってくるだろうから、相当進歩で得点取れるね!

で、まずは進歩のチョイスでミス連発。「やぁ」がいればノーコスト降り飯の価値が上がるにも関わらず、《ミツバチの巣》をスルーして《搾乳台》を取ってしまう。お前は牛確保できる自信あるのかと。

そして2手目、職業は相性の良さから《自由農夫》はいいとして...

f:id:GRGR_BG:20161003061809g:plain

結局こんな感じに。

えーっと、今少進歩に必要なコストを計算するとですね。木が10本も要る訳ですよ。

打てるか!!!(苦笑)

ほら吹きと相性の良い《自由農夫》《ほうき》《村の長老》《学者》とあるけれど、ヤバい感満載。

というか3手目までの進歩の理想は《ミツバチの巣》《いかだ》《鴨の池》で、全部間違ってるじゃないか。何やってんだか...

 

で、さらに致命的なミスをプレイで。

5R目増員できる状況だったのに「増員進歩したいよなー木なんぼあっても足らないし木4取るかー」などとヌルい事考えると、増員が結局9Rまで打てないというね...

 

もうね、アホかと、馬鹿かと。

 

一応進歩8枚までは並べたものの、他に8枚並べたのが2人いたので差がつかず、未使用-5も祟って36点でダンラス。とりあえず増員出来るときはしとけよなー俺。それがここまで致命傷になるとは思ってもみなかったけど。

 

ちなみに《ほうき》は木が0になる状況で打たざるを得ず、引いた進歩が《カヌー》《穀物スコップ》《パン焼き桶》《牛車》と打てない進歩、小麦も無いので《醸造所》も打てず、そもそも場に並ばない《週末市場》と、唯一ノーコストだけど打つ意味がほぼ無い《柴屋根》というラインナップでしたとさ。だめぽ。

 

『ピラニアペドロ / Piranha Pedro』

2-6 players.

ドラさんニールさんマエさんエリックさん他1人。

確かエリックさんは牧師で、日本語もある程度分かるフランス人だったような。ネイトさんとは英語で喋る。

牧師なのに普段の言動はどう見ても牧師のソレには見えない結構アレな人(苦笑) まぁ面白い人ではあるんだけども。

 

で、『ピラニアペドロ』がミープルに置かれたのは

f:id:GRGR_BG:20160922060503j:plain

恐らく以前このブログに貼ったコレを見てた所有者が持ち込んでくれたんじゃないかなぁ。

この場をお借りしてお礼申し上げます。

 

でまぁ以前から気にはなってたこのゲーム。

ルール聞いた段階で完璧にコレは for me なゲームだと確信。

そもそも全てのプレイヤーが同じカードの中から1枚選んで伏せた後オープン、スタートプレイヤーから順に処理をしていくってシステム自体が、俺が大好きな『グラスロード』『魔法にかかったみたい』『ブルームサービス』と同じで、当然ながら先読みが重要なゲームになってくる。その上自分があえてリスクを負って下家のプレイヤーの予想を外すって辺りが、底意地悪い人間にとっては最高のごちそうですわ(苦笑)

 

1回目のプレイは1人が3R目にあっさり沈んだのでワンスモア。結局1回は石置けなかったけど、それ以外はほぼ危なげない状態で生き残り。

 

いやーこれは素晴らしい。

 

for me なのもさることながら、ルール簡単、時間も30分掛からない上にコンポーネントも素晴らしい出来。完璧にミープル向き。唯一の欠点と言えば後半になればなるほど時間が掛かるところ。『スカルキング』なら後のラウンドになればなるほど時間も掛かるけど、選択肢も点数も多くなるんでより盛り上がるんだけど、これはどちらかと言えば間延びする感はある。

 

『私の世界の見方 / Wie ich die Welt sehe...』

3-9 players.

ドラさんニールさんマエさんイシカワさん他1人。

前回同様イベント向けのテストプレイ。

自分のアイデアなんでまだ自信は持てないんだけど、少なくとも3回やって3回ともかなり盛り上がった。イベントで使っても盛り上がるはず。

 

意外だったのは、結構内容に合致したアレカードがあるってこと。

f:id:GRGR_BG:20161003163255j:plain

放課後さいころ倶楽部』 6巻 p12 中道裕大

「若き実業家」「会長兼CEO」なんて割とそのまんま。そして「世界ナンバーツー」のよう矛盾あるがゆえに面白いカードもちゃんとある。結構お題作りが重要なんかもなー。

 

ノイシュヴァンシュタイン城 / Castles of Mad King Ludwig』

1-4 players, BGG best 4 players.

ドラさんイシカワさん。

6人で3-3に分けて何をしますか?って話になって、「とりあえず俺がやりたいのは『ノイシュヴァンシュタイン城』と『グラスロード』なんやけど...」と言うと、イシカワさんが『ノイシュヴァンシュタイン城』をやりたいと言い、マエさんが久々に『グラスロード』やりたいと言い出す。

お、おう。俺どっちもやりたいんだけど(苦笑) あまり立たないゲームが2つ並ぶと逆の意味で困るなw

『グラスロード』が3人埋まったので、自動的に『ノイシュヴァンシュタイン城』で。

 

最後の最後で階段作って通路コンプリートでさらに階段作ってUtilityの階段ボーナス*2、《ヴィーナスの部屋》の効果でさらに*1、さらには階段売り切れのボーナス2で捲ってたんだけど、Utilityの引きに賭けて大失敗。つうか3000マルクの階段や通路も売り切れボーナスあるのね。知らんかったわ。

結局イシカワさんに3点差付けられての2位。相変わらずこのゲーム好きなんだけど勝てんわw