読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

機上の九龍

kowloon on aeroplane

@Meeple 160313

やったゲームは

  1. 『ステップ・バイ・ステップ / Step by Step』
  2. 『アイランド / Survive』
  3. 『キング・オブ・トーキョー / King of Tokyo』
  4. 『ナンジャモンジャ / Toddles-Bobble』
  5. 『スパイフォール / Spyfall』
  6. 『グラスロード / Glass Road』
  7. 『レース・フォー・ザ・ギャラクシー 嵐の予兆/ Race for the Galaxy:The Gathering Storm』
  8. 『キャント・ストップ / Can't Stop』


参照ブログ

Lupin's Weblog : 単なる酔っ払いの戯言

*日曜もボドゲ@カフェミープル・97回目

 

『ステップ・バイ・ステップ / Step by Step』

2-5 players.

ニールさんネイトさん他2人。

『キャント・ストップ / Can't Stop』

2-4 players, BGG best 3 players.

ニールさんネイトさんタニさん。

どちらもニールさんの持込で当分置いとくらしい。

『ステップ・バイ・ステップ』は一度おてもとさんが持ち込んで来た事があって、「どんなゲームですか?」って聞いたら「『キャント・ストップ』みたいなゲームです」で説明終了したゲームw

個人的にはダイスで『ケルト/ Keltis』やる感じに近いかなぁ。願いの石だけあって、『ケルト』とは逆に前に出ないとマイナス、終了条件が全てのラインでバリア超えた時点って辺り割と共通点だったり正反対だったりで。まぁダイスゲーなんで一枚出す洗面器ゲーではなく、バーストにならないよう頑張るチキンレースなんだけれど。

一応5人までやれるものの、5人だと正直待ち時間が多くて微妙。ベストは3人かなぁ。

最大の難点はダイスゲーなのにも関わらず、サイコロたくさん振るのが手番の最初くらいで、後はサイコロ1個をチマチマ振る状況が多いって所かなぁ。やっぱダイスゲーならジャラっと振りたいわ。一応2位。

 

『キャント・ストップ』は作者見てびっくりのシド・サクソン。1980年作。なるほどコンポーネントが『マンハッタン』っぽいのも頷ける。こちらもバーストにならないよう頑張るチキンレースで、やはり待ち時間の関係上ベストは3人かなぁ。こっちは判断が悪かった事もあるけど出目が悪く、ほぼ進めない状況で終了。いかにも旧いゲームだけど、それなりの味はあるなぁ。

 

『アイランド / Survive』

2-4 players, BGG best 4 players.

こちらも1982年作と割と旧いゲームで、いかにも旧いゲームらしく完全な殴り合いゲー。なのにも関わらず時にはエセ共闘が始まるという辺りが味。

 

俺「ニールさんここは協力しましょうよ」

(脱出艇を台地に近づけた後、自分のコマを乗せながら)

俺「じゃぁパネル取ります。ニールさんの乗ってる平地沈めるか。」

ニールさん「」

 

ニールさん「脱出艇3歩動かします。そして2人脱出...っと。」

俺 (ありがとうニールさん。コレで俺も一歩で脱出だわ。)

ニールさん「ダイス振ります。海龍出ろ~リベンジじゃー!

俺「」

 

もうね、ヒドイねw

 

ゲームは前回同様ドコに何点の人間置いたか忘れたものの、比較的リスクの少ない所から置いていった事もあり蓋を開けてみれば3.4.5.6点のコマを脱出させていて18点で勝利。

『ころクラ』のように初対面の人とやるには中々キツいゲームだけど、気の置けない面子とやるには良いゲームだなぁと再確認。

 

『キング・オブ・トーキョー』

2-6 players, BGG best 4-5 players.

ルパンさんタニさん他1人。

ハート3つ出なければギガザウルスかどうか関係ないね!!1

俺だけ進化抜き状態で勝てる訳もなく、ダイス目弄ったり相性の良い組み合わせのカードを引けず、最初に脱落。まぁアレでは仕方ないわなぁ。

と、簡単に諦められるのがダイスゲーの良い所?

 

 

『ナンジャモンジャ / Toddles-Bobble』

2-6 players.

同面子+2人。6人で遊べる軽いゲームというチョイスで、『タイムボム / Timebomb』『ニムト/ 6 Nimmt!』『ドブル / Dobble』『はんか通骨董市』辺りを選択肢で出したんだけど、まさかコレがチョイスされるとは思わなかったわw

まぁ今月『ころクラ』で取り上げられたという意味ではタイムリーなんだけども。

自分がやると激弱だろうなぁと思いながらミープルに置いてるんだけど、案の定3枚しか取れず。でも名前のチョイス次第で割と笑いが起こるのはいいなぁ。「桂三枝」「ベッキー」とかね。

 

『スパイフォール / Spyfall』

3-8 players, BGG Best 6 players.

ルパンさんニールさんマエさんタニさん他2人。

質問が完全にマンネリ。3回プレイして最後は役職ロールプレイでやったものの、気の利いた質問でないとロールプレイしにくいんでどうもこう面白さに繋がらない。レンジが広い(=対応人数の幅が広い) んで立てやすいのは利点なんだけどねぇ。

 

『グラスロード / Glass Road』

1-4 players, BGG best 2 players.

ルパンさんマエさんタニさん。1番手。

マエさん初プレイだったのでさてインストしようかとしている所にイナさん登場。

3分遅せぇよ(苦笑)

 

今まで録音してそれを起こそうと躍起になってたんだけど、どのホイールの資源を使ったとか記録するのがイチイチ面倒でどうにかならんかなーと考えていた所、ルパンさんのブログ

最新機種は動画撮影で4K対応してるそうなんだけど、動画はほとんど撮らないし、だいたい4Kなんて必要ない。ってことは、現行機で問題なし。

ってな文章読んで思わず手を打つ。そうか、動画撮ればいいじゃんか。

という事でミープル来る前にビデオカメラ購入したんですが...

 

購入した状態ならほとんど充電されてないわな (苦笑)

という事で今回はあまり役に立たず。

 

f:id:GRGR_BG:20160314053631j:plain

photo by Lupin

魅惑の建物【製材所】1択。

必要な資材は炭2粘土3、1番手なのと森が資源になるので炭は【燃料収集人】をチョイス。

粘土はとりあえず【坑内労働者】で増やし、足らない粘土は【建築士のあばら屋】で増やすかーと算段。【耕作者】【建築士】をチョイスし、個人的1Rマストの【領主】。

【燃料収集人】は通り、2ターン目【建築士】も通って【建築士のあばら屋】【葦のあばら屋】を建て、さぁ【耕作者】で【製材所】建てるぞーと意気込みつつ資源を見る。

「あ、レンガ一つ使ったからレンガ足りねーや。」

何たるボーンヘッド (苦笑) ビデオカメラ弄ってて集中力欠いてたなぁ。

せめて【納入業者】をチョイスしてたらこんな事にならんかったのに。

 

その後はもうgdgdの連続で、【製材所】はルパンさんに建てられ、【葦のあばら屋】はあるから【貯水塔】建てるかーと思ってたらマエさんに建てられどないせぇっつーの状態。

運良く2R目に【指物屋】が出てたので【製材所】の代用として建て、【黄土の台地】からの【堆積作業場】路線へシフト。正直あまりやりたくはないけど、もうコレしかやることねー。

3R目に【堆積作業場】【別荘】を建てて採掘坑だらけに。

f:id:GRGR_BG:20160314055047j:plain

4R目、【石工ギルド】が出てくる。食料は【指物屋】の副産物で山ほどあるし、粘土は【坑内労働者】で7を振り切る。さらには【燃料倉庫】まで出てるんでレンガは余裕で作れるはずと狙いを定める。一抹の不安はルパンさんも狙いかねない所だけど、【領主】で【窯元】引いてるし場には【陶芸家の家】あるんで、資源量考えたらそっちじゃね...?

 

建築士】バッティングせずに【石工ギルド】取られましたw

仕方なく【ガラス職人の村】を建て、【材木置き場】で木を増やして手札の【耕作者】を出せれば【砂囲い】で【ガラス職人の村】が7点取れるように準備したものの、全員が【建築士】をセットして【耕作者】を出せずな展開であえなく計画倒れ。せめて【材木置き場】ではなく【砂貯蔵所】だったらあと3点伸びてたのにな(苦笑)

 

結局採掘坑を9枚出してるにも関わらず、【堆積作業場】での点数は7点、固定点は【別荘】【指物屋】【建築士のあばら屋】【材木置き場】【燃料倉庫】【黄土の台地】で9点、ガラス1レンガ3に加えて【ガラス職人の村】で1点しか取れなかったりと資源は5点。計21点 (ルパンさんに申告したのは間違い) とgdgdな結果に。いやーヒドイわ。

とは言え今回全体的に低調で一応トップにはなったものの、これだけ目論見が外れまくると正直勝った気はしないなぁ。

 

まずはちゃんとビデオカメラ使えるようにする事から始めるかw

 

『レース・フォー・ザ・ギャラクシー 嵐の予兆/ Race for the Galaxy:The Gathering Storm』

1-5 players, BGG best 2 players.

同面子+ニールさん。

今回茶色のコストが1下がる惑星引いたものの、初手以外で茶色惑星全く引かずに活かされないまま。ドロー補助も良いもの引かず、ひたすら手札溜めて高得点建物を何とか建てる動きに終始。

一応得点効率はそれなりにあったものの、ドローエンジンがマトモに機能してなけりゃヘタれる訳で。数並べまくった上に最後にコスト0の2点移住+コスト5の3点移住をダブルで出したタニさんに抜かれて2位。このゲーム好きなんだけど1回も勝ってないなw

 

 

あと、今回は9人くらいの大所帯で初来店(?)の人達がいらしてて、あーいう人達に『私の世界の見方 / Wie ich die Welt sehe...』をプレイして欲しいなぁと思ってたらお客さんから「これやりたい」と言ったらしく、えらい盛り上がってたのが持ち込んだ人間にとっては嬉しかったですね。あまりにも面白かったからか、2時間くらいずっとやってたのにはちょっと笑いましたがw さすがに飽きると思うけどなぁ。