読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

機上の九龍

kowloon on aeroplane

@Meeple 151129

@meeple

やったゲームは

  1. 『ラ・グランハ / La Granja』
  2. 『グラスロード / Glass Road』
  3. 『砂漠を超えて / Through the Desert』
  4. 『呪いのミイラ / Fluch der Mumie』
  5. ロイヤルターフ / Royal Turf』

参照ブログ

Lupin's Weblog : 単なる酔っ払いの戯言

* 日曜もボドゲ@カフェミープル・68回目  

 

『ラ・グランハ』

ルパンさんイナさんまなを氏でプレイ。2番手。

初手【37.藁刈り人】【42.市場売買人】【52.養蜂家】【56.指導員】と、【52.養蜂家】以外は微妙な手札。【52.養蜂家】でお金は降るから増設部1銀はあまりメリット無いかも、となれば(ロ豚)の【37.藁刈り人】を増設部にしたいけど、勝利点1は意外と重いと最近感じてるのでそれもやりたくない...

そして、盤面は村の建物のうち農場財5種と収穫物3種のいずれも埋まってるため、畑の作物を送る場所がない。荷車は見事に全部重いw(【66.長距離交易人】を除き、数字が大きいカードは荷車の点数が高く、要求される資源量も多い)

何かいい方法ねーかなーと考えてると、一つの方法を思いつく。

まずは畑に【42.市場売買人】(オ)【56.指導員】(穀)、生産された後に交易品を使用してのカードプレイで【37.藁刈り人】増設(ロ豚)、増設コストはオリーブ。カード引くのは一手遅れたものの、これで勝利点1を払わずに済めた。こういうパターンもアリなんだな。

1R目のサイコロは無駄に2が4つも出て2番手のメリットほぼ無しw【52.養蜂家】を差して2Rに備える。この時2銀輸送したけど結局お金はそのまま放置という...

今回は2R目にぶどう畑が作れて毎R3銀を確保。後は加工3種を輸送して農場財5種、収穫物3種と続き、先週同様【63.物々交換人】プレイしつつ【9.荷車大工】の代わりに【16.荷車製造人】をプレイするという、お前先週とほぼ変わらんやんけという動き。今回は荷車6→5→4と一応3回使えたぞw

f:id:GRGR_BG:20151130001450j:plainf:id:GRGR_BG:20151130001500j:plain

まぁ【ビール醸造家】の2つめのぶどうの為に4銀払うなど、結構無理したけどな!

最終的には交易品3つを残すという勿体無いお化けが出そうな感じだったけど、何とか79+1銀を確保してトップ。他が案外伸びなかったことを考えると、農場財5種と収穫物3種のどちらも出ない展開は得点下がるのかも。

今回俺は52引いてたからあまり効果的な手では無いけれど、こういう状態だとまなを氏のように6銀輸送優先というのも手かもなー。

あとまー80点近くを取れるコツは掴めてきた気はする。

 

『グラスロード』

同じ面子でプレイ。3番手。

初期ボーナス建物は【木彫師の家】【造船台】の木が得点になるコンビと【自然主義者の家】。先週と同じく【自然主義者の家】だよなぁと考えていると、先週と同じく加工建物に【地区事務所】w

【木彫師の家】がガラス1粘土1でMAX3点なのに、なして【地区事務所】は木1ガラス1でなんで3点固定なんですかねぇ...(苦笑) しかも得点があるだけではなく、能力も使えるしさ。ということで先週と同様の事を目論む。

 

 しかし現実は甘くない。

先週と全く同じ手を、ほぼ先週と同じ面子で、さらに言うとブログでネタバラシすれば通じないほどには。出した【水運び人】がバッティング、【自然主義者の家】はまなを氏に、【地区事務所】はルパンさんに取られ、仕方なく【材木倉庫】を建てるハメに。

 ただ、【領主】で【屋根板製作所】(1点+領主建物2でレンガ1)【石工ギルド】(レンガが3点)を引いて、建てれば10点確保できるツモ。また、林を増やして余った木を場にあった【金物屋】で粘土に変えつつ、同じく場の【果樹園】で木をさらに増産する目処を立たせてからの【木彫師の家】【造船台】でさらなる10点を目論む。

最終手番、場に【砂選別所】があり、領主建物に【事務所】でガラスは0、ガラスのストッパーが珪砂と炭という状態。【砂選別所】はそれ自体の得点に加え、木2→粘土4→珪砂8と変換できるのでさらに3.5点増えるなーと考えると是非とも取りたい。手番を考えると建設はカードをセットするよりはバッティングで出した方が早そうだという事で、初手【燃料収集人】で炭ストッパーを外しつつ...ってな事を考えてると先にまなを氏に【砂選別所】取られるw 「どうせお前コレ欲しがってたんやろ」 ええそうですよ!!1 という事で珪砂無い状態では【事務所】も建てられず、仕方なく【レンガ倉庫】を建てる。

そしてまさかの【燃料収集人】バッティングw しかもイナさん水が無いというオチ。

後、もう一手番で何買おうかと場を見てるとある事に気づく。

 

「あ、【ガラス倉庫】あるやん...これ建ててれば【事務所】建ったじゃん...」

食料には余裕あったし(そもそも林2つ残してた)、粘土は木から生産されるので、レンガ3つ作るには炭だけで十分。【領主】は3回出していて、その中から建てたのは3枚なのでまだ6枚残ってる。て事は珪砂6つ作れ、その過程でガラスが2つ出来るので

【レンガ倉庫】+【ガラス倉庫】 →1点行動(ガラスが1増え、レンガは別の変換で増やせた)

【ガラス倉庫】+【事務所】→5点行動(1点+ガラス2点+珪砂4つで2点)

となった訳ですよ奥様。4点損した。まだまだ詰めは甘いなぁ。

まぁそれでも24点で、イナさんルパンさんに1点差勝ち。結局のところ【石工ギルド】引いたことと、例え劣化版【地区事務所】とは言え、同じ資源を参照する建物2つ揃えつつその生産体制が整えられたことが勝因ではあるんだろう。もちろんイナさんが【燃料収集人】空振りした事もあるだろうけどさw

でもまーこのゲームせめて27点以上取りたいねぇ。かなり【領主】や場にどの建物が出てくるかで変わってくるのは確かだけども。

 

『砂漠を超えて』 2-5 players , BGG Best 3 players.

ルパンさん石川さんムタくん他1でプレイ。

前から気になってたゲーム。ルール聞いてもとりあえずコマを並べていけばいいというのは分かるけど、それが何を意味するのかはサッパリ。

ところがある状況になると「なるほどそういう事か」と分かる。この辺り『ブロックス』や、同じクニツィア先生の『サムライ / Samurai』に似てるなぁ。でもってそういうタイプのゲームはやっててホント面白い。

具体的には「オアシスに辿り着いたら5点」って事だったんで、とりあえずオアシス近辺で、かつ3点の水辺に隣接するオアシスから中央寄りに配置(赤で囲ったコマ)。で、次の手番でルパンさんがオアシスの反対側に配置した瞬間、はたと気づく。

「あ、このコマでエリア確保するの無理じゃね?つかオアシス辿り着いて終了?」

結果的にはこのミスが幸いする。「つまり、オアシスに近くて、かつ端にも近い所が強いのか。」

f:id:GRGR_BG:20151201213429j:plain

画像引用元: Lupin's Weblog

ということで次に水色で囲ったところ、その次に黄色で囲ったところにコマを置く。

最後の一つは石川さんが明らかにヤバそうなので(橙色の白隊列)そこのカット要因。ラス手番だからそういう役割出てくるのは仕方ないわなw

結果的に黄色で囲った緑隊列がオアシス2箇所+緑隊列MAX,水色で囲った水色隊列がオアシス1+囲み10+水色隊列MAX+その中のパネル1+2+3とかなり稼いでくれて69点でトップ。2位とは10点以上離れてた気がする。基本的にこの手の陣地取りゲーは以前『レーベンヘルツ(Lowenherz/Domaine)』でボロ負けしたように割と苦手なんだけど、まだ他の面子が分かってない時点で気づけた事が勝因なんだろう。こういう感覚はゲーム勘が備わってきた錯覚がして気持ちいいねw まぁぶっちゃけこの手のゲームは2回目からが本番だわなぁ。

 

『呪いのミイラ』

同メンバーでプレイ。

今回は「えっミイラそっち行くんだ」「えっミイラこっち来んのかYO!」な展開があって笑いが起こる。あとルパンさんが捕まりたくないからって三味線弾きまくってたのが笑う笑うw まぁこのゲーム唯一の難点が、ミイラ勝つのは相当キツイことだなー。

 

ロイヤルターフ  2-6 players , BGG Best 5-6

同メンバー+ネイトさんでプレイ。

もちろんコンポーネントの良さや手軽さに関してはあちらに強みがあるのは十分承知の上だけど、個人的にレースゲーやるなら『キャメルアップ』よりこちらかなぁと。ダイスゲーなので所詮運ではあるのだけれど、論理的に考える余地がかなりあるんよね。『キャメルアップ』にもあることはあるんだけども。

具体的には、例えばさいころ振って馬マークが出た場合、自分の応援してる馬がAlbino,Earl Grayだと、どちらを選択しても脚引っ張るだけになる。Nougat,Earl GrayだとNougatを選ぶし、逆にさいころ振って帽子、鐙、蹄鉄マークだったらEarl Grayを選ぶという風に、選択の余地が残る。これがとても大事で、どの出目でも自分の応援する馬を進められる、もしくはどの出目でも自分が応援していない馬の脚を引っ張ることが出来る組み合わせは何か?というのを考えながら賭けると、少しは有利になるはず。まぁ誰がどれに賭けるかでそんな簡単な話にはならないんですけどね...そこがまた面白いところ。

でまぁその分経験者に分がある訳で、1R目2位、2R目1位に踊りでたものの、3R目に3着入線したOthelloをブラフにするか否かで捲られ100差の2位。そういや前のプレイでも途中まで1位で最後に捲られた気がするぞw

 

あとまーこの日は相当疲れたし、翌日にもかなり響いてきたんで、さすがにこれからミープルへ行くのは日曜だけにしようかなと。まぁ松尾さ(以下略